作品がそのまま資産になり、権利を保持できる!新たな経済圏を生み出す「BLOCKv(VEE)」

BLOCKv(VEE)が、詳細な進捗報告を行ったことで事業の透明性を評価され上昇をみせました。

投資家にとっては投資先の事業がきちんと進んでいるかわからないととても不安になります。

BLOCKvのように定期的な報告があると、投資家としても安心して投資できるようになります。

今後の市場動向としては高い技術力とマーケティング力など様々なスキルが掛け合わさることで、適正に時価総額が上がっていくようになるのです。

クリエイターの作品をトークン化!

BLOCKvが取引開始されたのが2017年10月。

vを発音せず、そのまま「ブロック」と読みます。

デジタル分野における価値交換を進化させ、新しい経済圏を作ることを目的とした革新的なプロジェクトになっています。

これまでもインターネットの普及によって今までになかった価値が数多く生み出されてきました。

これによりショッピングの常識は大きく変化しましたし、ネットだけでビジネスを展開し成功できる人も現れました。

暗号通貨も、デジタルが発展したからこそ実現した新しい価値ですよね。

最近だと、IoTやAI、VRなど、まるでSF映画のような技術が一般の人にも体験できるようにまで進化してきています。

こうした社会のデジタル化によって新たな価値が誕生したと同時に問題も多く発生するようになりました。

オンラインショップの売買で入金がない・商品が届かないなどのトラブルが増加。

個人情報の流出が多発したり最新技術の名を悪用した詐欺が出回ったり、被害は広がる一方です。

さらに最近だとクリエイターの作品が勝手に盗作・転用され正当な評価や報酬が得られない事案が増えています。

あまり馴染みがない問題と思いがちですが、直近だと「漫画村」などのサービスもこの問題の一つになります。

BLOCKvは、こうした現代のデジタル資産の管理に着目し、解決しようとしているのです。

BLOCKvの大きな特徴は「vAtom」という独自の開発環境を提供していることです。

vAtomはデジタル制作物とブロックチェーンを融合することで、音楽や写真、動画などを暗号通貨のトークンとして発行できるようになっています。

自分で作ったイラストや曲がそのまま資産になるということです。

作品を出せば出すほど資産が増えるしくみで、非常にユニークなシステムになっています。

また、トークン化された作品はブロックチェーン技術によって著作権が紐づけされた状態で管理することができます。

「誰の作品であるか」が明確になるのでコピーや盗作などの被害を撲滅でき、クリエイターに本来得られるべき報酬が適切に支払われるようになります。

作れば作るほど資産が増え、自分の権利はしっかりと守られるのでクリエイターは創作意欲を維持することができます。

優れた作品が多く出品されるようになれば、お金が大きく動くようになります。

そうなれば投資家が次々と集まるようになりますし新たな経済圏が生まれることになるのです。

日本が誇る文化でさらに発展できるシステム!

日本は漫画やアニメがありますから、このしくみが普及するとさらにサブカルチャーが発展します。

漫画やアニメで生計を立てられるのは、ほんの一握りですからクリエイターにしっかりお金が回るようになれば、その分多くのクリエイターが生き残れるようになります。

クリエイターとファンが直接取引できる環境が得られるので、クリエイターは営業する必要がなくなり制作に集中できるようになります。

ハイセンスな作品を今まで以上に思い切ってリリースできるようになれば、歴史的な作品が生み出されるかもしれません。

クリエイターと作品に正当な価値が与えられ、存続できる仕組みですからクリエイターにとって

とても夢のある時代になるかもしれませんね。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す