予測マーケットを活性化!専門家よりもアテになる情報拠点「Bodhi(BOT)」

こんにちは、阿部です。

 

 

Bodhi(BOT)が大きく上昇しています。

 

クロスチェーンのEthereum統合があり、

合わせてBOE(Bodhi On Ethereum)という

新しいトークンのエアドロップが

開催されるとのことです。

 

比較的新しい通貨でありながら

5日には開発状況の報告もあるなど

勢いのあるプロジェクトと言えます。

 

まだまだ認知度は低いですから

詳しく見ていくことにしましょう。 

 

 

予測マーケットのプラットフォーム

 

 

Bodhiは2017年の10月に始まったばかりの

比較的新しいプロジェクトです。

 

目指しているビジョンは、

ブロックチェーン技術を活用した

予測市場のプラットフォームです。

 

実はBodhi、

QtumのDApps(分散型アプリケーション)の1つで、

Bodhiの予測マーケットも

Qtumのブロックチェーン上に構築されます。

 

予測マーケットと聞くと

馴染みのない方もいると思いますが、

最近非常に注目されている

市場の1つになっています。

 

たとえば

次の大統領選挙で

誰が当選するかを予測します。

 

考えるだけではモチベーションがわかないので

予想する人にいくらかベットします。

当たればその分増えますし

ハズレたら減額か没収です。

 

すると

人々はやる気になって

予測を裏付ける良い情報を提供しようとするため、

より正確な予測結果を割り出すことができます。

 

これは政治コメンテーターや

世論調査よりも高い精度

誇っているそうです。

 

今やメディアや世論調査は

当てにならないですし

ネットの普及でそれに惑わされない人も

増えてきていますから、

 

比較・検証材料が揃いやすい

予測マーケット

価値が高まってきているのです。

 

もちろん政治だけではなく

新製品の価格予想や株価予想、

スポーツの試合結果の予想など

賭けの要素を含んだものも予測することができます。

 

位置づけとしては

投資とギャンブルの中間くらいに

位置しているような状態で、

競馬似たスキームになっています。

 

予測マーケットによって

ユーザーにとっては

良い情報を集めやすい環境が得られますし、

予測される企業などにとっても

それだけ注目されることになりますから

 

経済的なメリットが大きい

市場になっているのです。

  

 

ややグレーなので使い方に注意

  

 

日本でよく知られている

予測市場系の暗号通貨は、

GnosisやAugerがあります。

 

ただ、日本の場合

オンラインカジノと同様に

完全にグレーゾーンなので、

日本の取引所に来る可能性は低いです。

 

また同じ理由で

利用する際も注意が必要です。

 

情報収集の場としては

非常に刺激的な環境になりうるので

自己責任にはなりますが、

活用してみてはいかがでしょうか?


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す