取引所系トークンはなぜ値上がりする?「バーン」(Burn)に注目!

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨市場はいまいち

パッとしない相場ですが、

取引所系トークンは

好調な値動きを維持しています。

 

その理由の1つとなっているのが

バーン(Burn)という仕組みです。

取引所系トークンにおいては

バーンが特によく見られます。

 

しかし、バーンという仕組みが

どのようにして

価格の上昇に繋がるのでしょうか?

また、バーンされる取引所系トークンには

どのような種類があるでしょうか?

 

この点について

詳しく考えてみましょう。

 

バーン(Burn)とは?

 

バーン(Burn)は、

日本語で「燃やす」

という意味で、

暗号通貨においては

コインを「使えなくする」

ことを意味します。

 

開発者側がすでに

保有している暗号通貨を

そのままバーンする場合も

ありますし、

市場に流通している暗号通貨を

バーンする前提で買い集める

というケースもあります。

 

開発者側がほとんどのトークンを保有するケース

暗号通貨は世界的に

ICO全盛期となっていますが、

これだけ多く登場すると、

その内容も多岐にわたります。

 

トークンのなかには

開発者側がそのほとんどを、

場合によっては90%以上の

トークンを保有している

ケースがあります。

 

そんな状態では、

いつ開発者側の保有する暗号通貨が

市場で売り注文となり

価格の下落を招くかわかりません。

不安でたまらないですよね。

 

そこで投資家は、

開発者側の保有するトークンが

使えなくなる「バーン」が

実施されることを歓迎します。

 

この結果、

バーンが行われる暗号通貨は

値上がりすることになります

(もちろん、100%ではありません)

 

開発者側がバーンする前提で買い戻すケースも

バーンのもう1つの方法は、

開発者側にて

バーンする前提の買い戻し

が行われるというパターンです。

 

取引所系トークンのなかには

そうしたトークンが目立ちます。

 

この場合、

  • 市場からの買い戻しが行われる

だけでも好材料であるうえ

  • バーンも行われる

ということで

好材料がダブルで発生します。

 

このことから、

やはり値上がり材料となります。

 

BinanceのBNBトークンの例

 

BinanceのBNBトークンは、

世界的な取引所である

Binance自身が発行したものです。

 

もちろん、通常のトークンと

同じように、

市場価格で取引されるため

投資目的で保有することができます。

 

最近の勢いのない暗号通貨市場

のなかでも好調に推移しており、

いまもっともアツい取引所コイン

の代表格ですね。

 

BinanceのBNBトークンには

以下のような特徴があります。

  • 1年に4回(四半期)ごとに自社でトークンを買い戻し、バーンする
  • 買い戻し&バーンの金額は、取引所の利益の20%

 

1年に4回のバーン

BinanceのBNBトークンは

1年に4回(四半期)ごとに

バーンされます。

 

バーンされるトークンは

事前に買い戻されます。

つまり、買い戻し&バーン

同時に行われることになります。

 

こうした好材料により、

BNBトークンでは

バーンが行われるタイミングで

価格が上昇する傾向にあります

 

収益を上げるためには

「タイミングを計る」ことが

非常に重要なのだと

実感できるトークンの1つですね。

 

バーンの金額は取引所の利益の20%

Binanceの例では、

買い戻し&バーンされるのは

取引所の利益の20%です。

 

昨今、取引所の経営状況は

全体的に好調といわれています。

そのため、バーンされる規模も

大きなものとなっており、

投資家にとって魅力的な投資対象

となっています。

 

このように取引所系トークンは

バーンが確実かつ定期的に、

しかも決められたルールに基づいて

行われていることがあります。

 

これが取引所系トークンそのものの

価格推移が好調な理由といえます。

 

取引所系トークンでは「バーン」に注目しよう!

 

もちろん、バーンのみが

取引所系トークンの値上がり理由

というわけではありません。

 

しかし、バーンは重要な材料ですので

取引所系トークンを保有する方は

ぜひ今後、注目してみてください。

 

ちなみにBinanceのBNBトークン

だけではなく、

  • KuCoin
  • Huobi
  • CoinEx

が発行している取引所コインでも

バーンが行われていますので

参考にしてみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です