イーサリアムは今が買い?チャートで分かる値動きの法則とは

こんにちは、阿部です。

 

2月以降、ようやく暗号通貨市場全体が底入れしてきましたね。

一時はビットコインが240万円付近から65万円、

リップルが400円から60円、

そしてイーサリアムが15万円から6万円と軒並み大幅下落。

 

「バブルは終わってしまった・・・」

なんて感じたかもしれません。

 

ですが、そんなことは全然なくて、あくまで調整の一環。

これくらいの下落でしたら、今までにもありましたしね。

 

むしろ、このような局面は大きな買いのチャンスです。

今日はいまだに底値圏にあるイーサリアムの買いタイミングを探ります。

 

イーサリアムの価格変動には法則がある

 

イーサリアムも他の通貨と同じように、

高値をつけたあと大幅な調整をしています。

イーサリアムは10万円の大台を割り込んで、

一度6万円付近で底を付けて現在に至っています。

 

値段もかなり安くなってきましたが、今までは見送りで正解でした。

 

というのも、

《イーサリアムの過去の動きを見ると、

2ヶ月くらいかけて価格が2、3倍になる時期と、

同じ2ヶ月くらいの時間をかけて半値以下になる時期が交互に来ています。》

 

そのパターンでいえば、2月上旬はまだ本格的な調整を始めたばかりの時期。

ここで手を出すのは、下落に巻き込まれる危険がありました。

 

しかし、どうやら大底も確認して値動きも安定してきているようです。

では、具体的にいつ「買い」の行動を起こすかということになります。

 

イーサリアムの買いタイミングを探る

イーサリアム日足(再掲)

 

イーサリアムの値段は3/10の時点で7.6万円と再び下げてきています。

直前には6.8万円と底値に近い値段がありました。

底値からの反発の仕方を見れば、ビットコインと似ています。

 

しかし、

240万円から65万円まで下げてしまったビットコインに比べて

15.4万円⇒6.1万円と下げが小さかった分、

イーサリアムの方がまだ安定している感じです。

 

10万円を超えてくれば最高値の15万円台はすぐにでも届きそうですが、

それはしばらくは難しいものがあるでしょう。

 

ここからは、いかにリスクを小さくしながら

イーサリアムを拾っていくかということになります。

結論を言うならば、

イーサリアムの現在値(7万円付近)は

最初の買いを入れていいゾーンです。

 

もしポジションを持つのなら、

資金の1/3を投入して買いエントリー(三分の一投資法)。

理由はチャートのように、

大幅な上昇からの調整が終わりかけているからです。

 

3月は波乱が残るものの大きな買いチャンス

 

ただ、3月はまだ波乱要因が残っています。

それはFOMCで米国の利上げが検討されていることです。

 

株式市場が日米ともに暴落したため、

利上げの可能性は小さくなったと見られていましたが、

パウエル新議長は利上げ続行を宣言しました。

 

もし利上げが行われるとなると、

再び株式市場の調整が起きる可能性が高くなります。

そうなれば、

暗号通貨にもスパイラル的な下げが再び起きるでしょう。

 

現在はNYダウ、日経平均、ビットコインなどの

メジャーな暗号通貨は連動していて、

どこかの市場で起きた下げが全体に波及します。

 

そういう意味で、

3/22のFOMCで利上げが行われるかどうかは極めて重要です。

 

しかし、

それまで手をこまねいてずっと静観しておくべきかといえば、

そうではありません。

 

すでに暗号通貨の多くは調整を終えて、

かなり底値に近くなっています。

 

ですから、少しづつ下値で買っていくのがベターです。

イーサリアムの場合、2/6に6万円付近まで下がってきているので、

ここは思い切って3分の一は買いでエントリーしてゆく方針でいいと思います。

 

イーサリアムはICOに欠かせない存在に

現在ICOがますます盛んになっていますが、

多くのプロジェクトがイーサリアムベースつまり、

ETHのブロックチェーン上に作成されています。

 

これにはしっかりと理由があります。

 

1つ目は「トークンの作りやすさ」

発行者側が一から新しいトークンを作るよりも、

イーサリアム上で作ったほうが簡単です。

 

2つ目は「トークンの配布」

ICOでは投資した金額に応じて、トークンを配布します。

その際、スマートコントラクトを用いれば、

速くて正確な自動対応が可能です。

 

3つ目は「規格の統一」

ERC20というイーサリアム系トークンにすることで

ウォレットもひとつで済みますし、

ERC20同士なら取引所を介さずに交換も可能です。

 

このような意味で、

「現実買い」に最も近いのが

イーサリアムといっていいでしょう。

 

イーサリアムへの投資戦略

まず、現在の7万円付近で資金の1/3を使って買いを入れます。

次に、もし2月安値の6.1万円を下回ってきたら、

しばらく様子を見て5万円以下になった時に第二の買い(1/3)

残りの1/3はいざという時のためにとっておきましょう。

 

イーサリアムは将来性がありますし、

現実での需要も堅いので、

10万円以上に戻すのも時間の問題です。

 

まとめ

★イーサリアムは7万円の現在(3/10)が買い時

 1/3の資金で買い出動する

★5万円まで下がってきたなら、さらに1/3を投入

 残りはいざという時のために待機

★10万円以上に戻るのは時間の問題

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です