富裕層の55.9%「暗号通貨投資に関心」―今後の流入に期待

 

こんにちは、阿部です。

 

皆さんは

富裕層は、

投資対象としての暗号通貨を

どのように見ているのだろう?

と思ったことはないでしょうか。

 

暗号通貨が上昇していくためには、

投資家の数、取引所口座数が

増加していくことが重要です。

これはいうまでもありません。

 

しかしそれと同時に、

1人の投資家がいくら分の

暗号通貨を購入するのか?

という単価も重要です。

 

人数は増えなくても

1人の購入額が増えれば

それだけ買い圧力は増加します。

そのため、経済的な余力の大きい

「富裕層」の動向は注目です。

 

フランスのコンサルティング会社によると

各国の富裕層2600人中、

なんと55.9%が「暗号通貨に関心がある

と回答したとのこと。

 

こうした富裕層の間で、

正しく暗号通貨が理解され

「暗号通貨は投資セクターの1つ」

「投資するのが当たり前」

という認識まで成長すれば

価格の先行きも

明るいものとなるでしょう。

 

今回は、富裕層の動向から

今後の暗号通貨市場について

考えてみましょう。

 

富裕層の55.9%が「暗号通貨に関心」

 

フランスのコンサルティング会社

Capgeminiは、

世界(ヨーロッパ、アメリカ、

アジア)の富裕層2600人に対し、

「暗号通貨投資に関心があるか」

という調査を行いました。

 

その結果、55.9%の富裕層

暗号通貨投資に関心がある

と考えていることがわかりました。

 

富裕層といえば、

「大企業の株式へ投資」

「ETFや投資信託で分散投資」

「債券や外貨預金で堅実運用」

といった比較的ローリスクの

資産運用を好む印象がありますね。

 

しかし、実は

暗号通貨投資にも関心がある

ということなのです。

 

富裕層の資産運用(株式や債券など)

の投資金額は年々増加し、

日本円換算で7700兆円を

超えたとされます。

 

その一部が暗号通貨に流れるだけで、

価格は大きく上昇します。

 

日本人の富裕層は「暗号通貨への関心が低い」との結果

日本は世界的に見ても

暗号通貨投資が盛んな国です。

 

2018年では中国の規制もあり

日本がトップの取引量を誇っています

 

しかしながら日本の富裕層は、

各国の富裕層のなかでも

暗号通貨への関心が低い

(データ内で最下位)

ということが同調査で

わかっています。

 

こうしたことが関係しているのか、

別のデータでは

日本の取引所は

少額の入金(預け入れ)が多いという結果

示されています。

 

以下、取引所への入金額の分布です。

  • 10万円未満 1,251,830口座 77.16%
  • 10万円~50万円未満 230,374口座 14.20%
  • 50万円~100万円未満 61,373口座 3.78%
  • 100万円~500万円未満 64,867口座 4.00%
  • 500万円~1,000万円未満 8,071口座 0.50%
  • 1,000万円~1億円未満 5,560口座 0.34%
  • 1億円以上 268口座 0.02%

(一般社団法人日本仮想通貨交換業協会)

 

つまり、100万円未満の入金が

全体の95%を占めているということに。

 

世界的にはもちろんですが、

日本おいて特に、

大きな取引ができる富裕層が

置き去りにされている

という感じがありますね。

 

ここに、暗号通貨市場の

伸びしろを見ることができます。

 

富裕層が投資できる環境が整いつつある!

 

富裕層にとって、

株式や債券と並び、

暗号通貨が主要な投資セクターに

なる日はやってくるのでしょうか?

 

僕は、「やってくる」と考えています

なぜなら、

富裕層が暗号通貨投資を始める

環境が整っておらず

現在、整備が急がれている

ところだからです。

 

上述のように、

各国の富裕層2600人への調査で

55.9%が

「暗号通貨投資に関心がある」

と回答しています。

 

下地が整いつつあるところに

機関投資家や富裕層向けファンド

充実してくることで、

普及は加速することになるでしょう。

 

富裕層は暗号通貨市場への影響力大!

富裕層の多くは伝統的に

銀行などに資産運用を任せて

投資をおこなってきました。

 

現在はまだ、銀行が

暗号通貨のファンドを

顧客に紹介することは

ほとんどありません。

そのため、富裕層の多くは

暗号通貨に投資する

キッカケがないのです。

 

しかし最近では、

暗号通貨ファンドが

さまざまな機関で

取り扱われてきています

 

つまり、銀行などを通じて

暗号通貨ファンドが紹介される

ことも多くなってくるはずです。

 

そうなれば、富裕層も

暗号通貨へ

アプローチがしやすくなります。

富裕層の資金流入が

増えていくことになるはずです。

 

今回は、暗号通貨における

富裕層の動向についてご紹介しました。

このように富裕層は

暗号通貨価格に与える影響も大きいため

注目に値します。

 

「どこから暗号通貨市場へと

お金がやってくるか?」

という部分にも注目してみましょう。

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です