最先端技術と様々な資産を結びつける!SWIFTとの提携も話題になった「ChainLink(LINK)」

ChainLink(LINK)が調子良いですね。

AccordProjectとの提携が発表されたこともあり、着々と信用を集めています。

AccordProjectはオンライン上の法的契約システムを開発しているチームで、ChainLinkの取り組む内容と非常に相性がよい組み合わせになっています。

以前はSWIFT(国際銀行間通信協会)との提携が大きな話題になりました。 

いったいどんなプロジェクトなのか?詳しくお話していきましょう。  

「スマートコントラクトの連携」が大きなテーマ

ChainLinkは、その名の通り、様々なチェーンを結びつける橋渡し役を担おうとしています。

現在多くの暗号通貨が誕生し、しのぎを削っていますがそれぞれの通貨同士のつながりは強くありませんでした。

孤島が乱立しているようなもので、現在は各取引所がハブになっている状態です。

特に、Ethereumなどが採用するスマートコントラクトとそれ以外のブロックチェーンは、性質上つながりにくいものでした。

そこでChainLinkは両者の間に立つことで、スマートコントラクトと他のブロックチェーン上の資産を結び付けられるようにしました。 

日本だとBitcoinの存在感が強いですが、世界的に見るとスマートコントラクトの方に注目が集まっている状態です。 

多くの企業やチームが、スマートコントラクトを搭載したアプリケーション(DApps)の開発を進めているところです。 

今後さらに高まっていくスマートコントラクトの需要に合わせて、他のプロジェクトとの結びつきを強めておくことで暗号通貨市場全体の底上げにつながるのです。  

しかも、ブロックチェーン同士だけではなく、ブロックチェーン上にない現物資産とも結びつけるようになっています。

現在のスマートコントラクトの問題は、金融機関や従来の様々なシステムからアクセスできないことです。

新しくスマートコントラクトを導入しようとすると様々なシステムを1から組み直す必要があります。

スマホの機種変更時にデータを移せないのは不便ですよね?これと同じで、多くのデータや複雑なシステムを持っている企業や団体にとっては、移行するのは非常に手間でした。

ChainLinkを介して既存データとスマートコントラクトが繋がるようになれば、既存のものを作り直す必要がなくなります。

導入前のデータをブロックチェーン上で管理できるようになるので、すでに大量のデータを扱っている金融機関や法律関係などと相性が良いです。 

SWIFTやAccordProjectとの提携は、ChainLinkの価値を証明する大きな武器にもなっているということです。

スマートコントラクトが世界に幸福をもたらす

ChainLink自体は事業者・開発者向けのプロジェクトですが、結果的にはユーザーにもメリットをもたらします。

孤独に争っていたプロジェクト同士が結びつけば、アプリ開発がさらに円滑に進むようになりますから、僕たちの生活が豊かになっていきます。 

様々なシステムがブロックチェーン上に移行されるようになると、情報管理に関するコストが抑えられるので、人手不足を解消することができます。 

労働環境の改善につながるかもしれませんし、新たな価値が生まれることで雇用を生み出すことにもなるかもしれません。 

僕たちの生活向上にも結びつく魅力的なプロジェクトです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す