定期的な相場、チャートのチェックで自分の「現状」を確認しよう

こんにちは、阿部悠人です。

今保有している暗号通貨のチャート、相場のチェックはしっかり行っていますか?チャートは、例えるなら、現在位置を把握するためのマップに似ています。今、自分はどこにいるのか、現状はどうなのかを判断するために、そのチェックは欠かせないのです。定期的なチャートのチェックは現状把握のために重要です。

なぜなら、相場はファンダメンタルズだけで動いているわけではないからです。(※ファンダメンタルズとは、ニュースなどの経済情報のこと。テクニカルとは、チャートの情報のことです。)

サポートとレジスタンスという目安

相場がテクニカルにも左右されている以上、日頃のニュースを確認するのは当然のこと、チャートを確認しなければ、すべての現状を把握できているということにはなりません。たとえば、テクニカルが相場に与える影響として「サポート」と「レジスタンス」が挙げられます。

サポートとは、チャート上において反発しやすい(底値になりやすい)と考えられるラインのことで、直近の底値がサポートになる傾向があります。また、レジスタンスはその反対で、チャート上で反落しやすい(天井になりやすい)と予測される価格帯のことです。これも直近の天井が目安になります。

そして、重要なのは、相場はこれを意識している(レジスタンスまでは上がるはず、など)ということです。これが、ニュースを確認するだけでは相場のすべてを予測できず、情報不足であるとされる理由です。

保有しているコイン以外のチャートもチェックす癖をつける

また、チャートをチェックするその他のメリットとして、日々チェックすることで現在の価格が割高のか、それとも割安のかが感覚的にわかるようになることです。言うまでもなく、このような感覚を相場と共有することで、相場を予測していくための大きな手がかりとなります。

保有しているコインのチャートを「利益が出ているかな?」とチェックすることは、おそらくほとんどの人がしていることです。そこで、差をつけるためにしておきたいのが、他のコインの価格をチェックしたり、株や債券、金(GOLD)、為替の指数もチェックすることです。

これは毎日行う必要はありませんが、これらの経済的な指標は暗号通貨と大きく関わりがあるので、定期的にチェックしておきたいところです。たとえば、日本の取引所では、円安になるとビットコイン高になり、円高になるとビットコイン安になるジンクスがあります。

また、金(GOLD)や暗号通貨は、法定通貨のリスクヘッジに利用されていることから、暗号通貨の需要は、金などのコモディティとも一定の連動性があります。今後、特定の国に依存しない安全資産として暗号通貨が定着すれば、よりこの傾向は強くなるでしょう。

まとめ

相場チェックの方法としてもっとも簡単なのは、スマートフォンの資産管理アプリBlockfolioなどを利用することです。インストールしておけば、購入していないコインのチャートも見ることができます。その他には、時価総額サイト「Crypto Currency Market Capitalizations」でチェックするのもよいでしょう。

チェックする癖をつけるだけでも「このコインこれから上がってきそう」とわかるようになってくるのでより利益を出せるようになっていきます。

阿部悠人


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す