中国政府の「信用スコア化」で仮想通貨が高騰する!?【2018年8月21日】

こんにちは、阿部です。

本日も気になる仮想通貨最新ニュースをピックアップしてご紹介していきます。

まずは本日の相場から確認していきましょう!

2018年8月21日の相場は?→下落!

今日のビットコインは1BTC/69万円で推移していて、ここ24時間で約3%下落しました。

時価総額トップ10の通貨を見てみると、Tetherを除いてマイナス(赤字)となっていて、昨日の上昇の反動から反落してしまいました。

こちらは時価総額トップ100の急上昇ランキングです。

Tezos (XTZ)が24時間で約3%上昇しているものの、その他に目立った上昇はありません。

今日の相場では時価総額トップ100通貨のうち、97のコインが下落していますので、無理もないですね。

さて、それでは本日の気になる仮想通貨ニュースをみていきましょう!

①中国政府「信用スコア化」計画で、仮想通貨が高騰!?

中国政府は2014年、「社会信用システム」の計画を発表しました。

これは2020年までに、インターネット上の活動や、監視カメラなどから個人を監視し、個人データに「信用スコア」をひも付ける計画です。

こうすることで中国は、簡単にいえば社会的に誠実な人間を優遇しようとしているのですね。

アメリカなどからの批判も強いこの計画ですが、一部では、このシステムで「仮想通貨」の普及が加速するだろう、ともささやかれています

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

中国政府の「社会信用システム」に賛成する人もいるとは思いますが、中立的にみても、中国国内からの反発は避けられないと考えられます。

さて、

  • 中国政府:中央集権的(権力が政府に集中している)
  • 仮想通貨:非中央集権的(特定の権力者が不在で、民主的)

このように、中国政府の中央集権的な体制と、仮想通貨の分散的な仕組みは、それぞれが対極的です。

そのため、中国政府の政策に嫌気が差した人々は、仮想通貨を中心とした経済圏に自由を求めるようになるかもしれないという話です。

たしかに「社会信用システム」が仮想通貨の普及に一役買うことになるかもしれませんね。

②中国が今月のブロックチェーン「格付け」を発表!

月1回公表される中国によるブロックチェーン「格付け」ランキングの第4回が発表されました。

中国情報産業省電子情報産業発展研究院の国際パブリックチェーンランキングです。

前回はEOSがトップとなりましたが、今回は果たして・・・。

  1. EOS
  2. Ethereum
  3. Komodo
  4. Nebulas
  5. NEO
  6. Stellar
  7. Lisk
  8. GXChain
  9. Steem
  10. Bitcoin

最新発表では、このようなランキングとなりました!

(詳細は上記ツイートをご覧下さい)

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

月に1回発表されていることからもはや定番となっている「格付け」発表。

業界への影響力も少なからずあるため、値動きにも若干ながら影響します

注目したいのは3位にランクインしているKomodo (KMD)という仮想通貨。

あまり聞き慣れないですが、時価総額55位(2018年8月現在)のプラットフォーム系通貨です。

ただ、「格付け」はその基準によって大きく変わってくるので、格付け上位=値上がりとはならない点に注意しましょう。

③仮想通貨の「潜在的な投資家」は世界に1億人、1.3兆円存在

仮想通貨の価格は需要と供給のバランスによって決まるため、「買いたい」と思う人がこれからどの程度増えるのか、その見極めが重要です。

イギリスの仮想通貨系企業「CoinShares」の調査によると、まだ仮想通貨に投資家しておらず、今後投資するであろう「潜在投資家」は世界で1億人と算出しました。

金額としては、BTCに換算すると1,900,000BTC、日本円で1.3兆円に上ります。

阿部悠人の考察(重要度★★)

阿部悠人

「CoinShares」の調査では、今後仮想通貨を買いたいと思っている人の数から、一人当たり14000円の購入を見込んでいるとし、潜在投資額を算出しました。

このような調査はとても興味深いものですが、「当てになるか」というと、正直あまりならないとも感じています。

これまでを振り返ってみると、やはり「上げ相場」こそ最大の起爆剤で、新規参入の投資家の数は相場環境によるというのが本当のところかなと感じています。

ただ、仮想通貨を買いたいと思っている人が多いこと自体は、とてもうれしいことですね!

④SBIがみなし取引所「LastRoots」に数億円を出資か

LastRootsは、金融庁の仮想通貨交換業に未登録の「みなし業者」です。

そんな中、SBIホールディングスがLastRootsに対して数億円の出資を行ったとみられています

LastRootsはSBIからの役員受け入れも行い、管理体制の強化を目指します。

最終的には「仮想通貨交換業者」への登録を目指していくとしています。

阿部悠人の考察(重要度★★★)

阿部悠人

LastRootsといえば、仮想通貨「c0ban(こばん)」を発行しています。

c0banは動画サイト「こばんちゃんねる」内で使われる仮想通貨で、取引所での売買も行われます。

SBIはLastRootsに出資したことで、追い風が吹いてきています。

c0banが今後、どんな値動きを見せるのかにも注目していきたいところですね!

2018年8月21日のまとめ

  • ①中国政府「信用スコア化」計画で、仮想通貨が高騰!?
  • ②中国が今月のブロックチェーン「格付け」を発表!
  • ③仮想通貨の「潜在投資家」は世界に1億人、1.3兆円
  • ④SBIがみなし業者「LastRoots」に数億円を出資

以上、今日の気になる仮想通貨ニュースでした!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す