コインチェック流出事件は「フィンテック特有」リスクではない!

こんにちは、阿部です。

 

コインチェックのネムが580億円分流出した問題で、

暗号通貨はやっぱり怖かった」という空気が強くなっています。

 

これから暗号通貨を始めようしている方の中には、

少なからず怖さを感じ、

投資を思いとどまった方もいるでしょう。

 

しかし、僕はそれでもコインチェック事件によって

暗号通貨への投資が怖い」と感じたり、

特別なリスクを考えたりする必要はないと思っています。

 

今回は、現役の投資家の僕が

なぜそのように感じるのかについて、解説していきたいと思います。

 

日銀フィンテックセンター長「フィンテック特有ではない」

 

まず、先日のニュースに触れてみましょう。

日本銀行のフィンテックセンター長が2018年2月7日、

コインチェック流出事件について次のように述べました。

「不安を抱くのは無理がないが、これはフィンテック特有の問題ではない」

まさにその通りではないでしょうか?

 

コインチェック流出事件の発生は、

「フィンテック(金融テクノロジー)だから」

暗号通貨だから」

という理由で発生したのではありません。

 

暗号通貨ではなく、コインチェックの問題

 

コインチェックのユーザーへの返金手続きはまだ行われておらず、

当事者の方は大変な苦労をされていると思います。

一日でも早い事態の収束を願うばかりです。

 

こんな状況では「暗号通貨はやっぱり怖かった」

と感じてしまうのも仕方がないことかもしれません。

しかし、それはとてももったいないことだと考えています。

 

なぜなら、コインチェック流出事件の原因は、

「管理方法がずさんだった」という

コインチェック一企業の問題に過ぎないからです。

 

また、日銀フィンテックセンター長の発言どおり、

流出事件はフィンテック特有の問題ではありません。

「日本年金機構」「日本航空」「ベネッセ」「ソニー・ピクチャーズ」

などで個人情報が流出した事件も記憶に新しいですよね。

 

つまり、流出は暗号通貨特有のものではなく

デジタルデータ」に共通するリスクであるといえます。

 

リターンを得るためのリスク

 

もちろん、個人情報と暗号通貨の流出事件を

同列に扱うことはできないでしょう。

 

個人情報ならともかく、

大切なお金を失う恐怖や生活に与える影響

はハッキリと実感できてしまいます。

 

しかし、忘れてはならないのは

暗号通貨投資には大きなリターン

の可能性もあるということです。

 

たとえば、利用していた取引所の1つがコインチェックで、

不運にも100万円の資産が50万円になってしまったとします。

コインチェックは返金すると発表しているためそのようなことはありませんが…

 

しかし同時に投資家は、

100万円が200万円や500万円、それ以上になるリターンの可能性

も持っているのです。

 

これを無視すると機会損失になる可能性があるので、

リスクとリターンは両面から正しく検討していくことが大切です。

 

安全な取引所と、安全な管理方法を学ぼう

 

今回の記事は決して

ずさんな管理方法をしていても安全だ

とお伝えしているわけではありません。

 

暗号通貨投資に限らず、

デジタル環境にいれば徹底した管理が必要です。

 

たとえば、

ネット銀行のパスワード、

パソコンやスマートフォンのウイルス感染、

クレジットカードを登録している通販サイトのパスワード

などの管理がずさんなら所有物を失うリスクは増大します。

 

ですが、そういった不適切さを排除した

リスクマネジメントをできれば、

コインチェック流出事件についても

過剰に心配する必要はないのです。

 

実際、ご自身で用意したウォレットでNEMを管理していたユーザーは

資産を守れているので、今回の流出事件も高みの見物なのですね。

  • なるべく大手取引所を選ぶ
  • コールドウォレット対応の取引所を選ぶ
  • マルチシグ対応の取引所を選ぶ
  • 取引所ではなくご自身で用意したウォレットで保管する
  • 取引所の二段階認証を使い、パスワードも複雑なものとする

上記のような視点から、暗号通貨を取り扱うことが

もっとも効果的なリスクマネジメントとなるでしょう。

 

今回は、コインチェック流出事件が発生したものの

暗号通貨への投資を過剰に恐れる必要がない理由について、

個人的な考えをご紹介しました。

 

ただ今、阿部悠人LINEアカウントでは、

暗号通貨情報のサポートなどをおこなっております。

ご興味のある方は、ぜひ友達登録してみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です