問題の「Coinhive」の仕組みを解説―暗号通貨市場への影響は?

こんにちは、阿部です。

Web上にある多くのサービスは、無料で利用することができます。

便利なニュースサイトや、動画サービスなど利用されている方も多いでしょう。

しかし、そうしたサービスは、実はかなりの予算がかけられています。

サービス運営者にとってそれをまかなう方法は、ほとんど「広告収入」しかありません

サービスの運営者は、サイトや、動画などに「広告」を貼り付けることで収益を得ています。

しかし、ときに広告はサービスの利用者に嫌がられるものです。(多くの人は、広告などは読みたくないでしょう)

これまでサービスの利用者は、そうした状況を受け入れざるを得ませんでした。

しかし最近ではCoinhive(コインハイブ)など仮想通貨マイニングを利用する方法も出てきています。

サービス運営者は広告を貼る代わりに、利用者にマイニング(つまりコンピュータによる計算)をしてもらいます。

これによりサービス運営者の収益が生まれ、利用者は「広告」を読む必要がなくなるのです。

しかし、Coinhive(コインハイブ)の仕組みは違法だという見方も出てきました。

強制的にマイニングを強いることになっているからです。

今回は、この問題についてどういうことなのか、その仕組みをご紹介したいと思います。

もちろん、暗号通貨価格の下落に直結することではありませんよ!

マイニングとは?

強制的なマイニングで問題となっているCoinhive。

どういったものでしょうか?暗号通貨には、マイニングという仕組みがあります。

日本語で「採掘」という意味で、その名称のとおり暗号通貨を入手できる1つの方法です。

多くの暗号通貨では、そのシステムを維持するためにコンピュータによる計算が必要です。

暗号通貨は、特定の誰かが発行し、システムを維持しているわけではありませんよね。

逆にいえば、だれでもそのシステムの維持に関わることが可能です。

マイニングもその方法の1つで、コンピュータの計算能力(CPU)を暗号通貨の維持のため提供することができます。

マイニングをすると計算能力を消費するため、厳密には「電気代」が発生します。

一方、採掘した暗号通貨を「報酬」として受け取ることができます

マイニングそのものは広く行われていることです。

違法であったり、反社会的な行為と認識されたり、といったことは全くありません。

Coinhiveとは?

現在問題となっているCoinhiveなどの「強制的なマイニング」は、通常のマイニングとは意味合いが異なっています。

通常のマイニングでは、マイニングした人とマイニングの報酬を受け取る人は同じです。

また、自分の意思によるマイニングだという特徴もあります。

しかしCoinhiveでは、サイトを訪れた人のコンピュータでマイニングを行い、一方でその報酬を受け取るのはサイト運営者となります

この点が問題視されているのです。

もちろん、「Coinhive=悪」という見方にこだわってはいけません。

「合意の上で」Coinhiveを動かすのであればよいでしょう。

Webサービス利用者は、Webサービス運営者に快くマイニングに協力していることになるからです。(つまり、快くPC計算能力=電気代を提供している)

しかし、そうではないものも多くそれが問題となっています。

強制マイニングは「刑事事件」にも発展している

Coinhiveを使ったサイトは、不正指令電磁的記録(ウイルス)供用という違法行為である、として日本の警察が動き出しています。

複数の人物が捜査され、1人を書類送検したとのことです。

またApple Storeで公開されるアプリにおいて、強制マイニング機能を実装することが全面禁止されました。(Appleの開発者ガイドラインによる)

まだまだ法律的な解釈が難しい分野ではあります。

しかしグレーゾーンであることは間違いないので、詳しい定義づけがなされるまでは、強制マイニングは減少するのではないでしょうか?

今回は、Coinhiveや強制的なマイニングについて簡単にご紹介しました!

Coinhiveのニュースについて調べていた方は、参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す