次はわが身?韓国取引所Coinrailがハッキングで44億円を失う!

 

こんにちは、阿部です。

 

韓国の取引所Coinrailが、

日本円換算44億円相当の暗号通貨を

サイバー攻撃により失いました

 

攻撃があったのは、

2018年6月10日とのことです。

 

以前、日本では

コインチェックが

580億円相当のネムが盗まれる

という事件もありましたね。

 

それにくらべると44億円の被害額は

小さなものとなっていますが、

重大な事件であることには変わりありませんね。

 

今回は、Coinrailで

どのようなコインがいくら盗まれたのかなど

事件の詳細についてご紹介します。

また、投資家にできる対策についても

解説していきます。

 

Coinrailハッキング事件の詳細は?

 

今回のハッキング事件は

どのようにして発生したのでしょうか?

 

以下に基本をまとめてみました。

  • Coinrail(世界で90番目に大きな取引所)で発生
  • 6月10日の早朝にハッキングを関知→サービスを停止する措置を行う
  • 被害額は合計4000万ドル(日本円約44億円)とみられる

 

また具体的には、どのようなコインが

ハッキングされ、盗まれたのでしょうか?

  • NXPS
  • ATC
  • NPER

を含むERC20型トークンや、

  • Pundi X(2,619,542,080 NPXS/約21億円の被害)

が確認されています。

 

ハッカーのウォレットからは、

  • ATX 930万(約15億円)
  • DENTコイン 8億3100万(約6億円)

そのほか、

Jibrel Network、Storm、

Kyber Network、B2BCoin、

Tronなどのトークンが

盗まれていることもわかりました。

 

NPXSをDEXで売ろうとしたハッカー

その後ハッカーは

盗んだ暗号通貨を

分散型取引所(DEX)

で売却しようとしました。

 

取引所をハッキングし、

得た暗号通貨を換金する際、

犯人がよくおこなう行動ですね。

 

分散型取引所や、

ダークマーケットなど

本人確認が不要な場所は

マネーロンダリングの格好の手段

となります。

 

しかし今回にあたっては

DEXでの売却は成功しなかったようです。

しかしいずれにせよ、

ハッキングは成功し、犯人は

暗号通貨を得ているので、

できる対策は少ないでしょう。

 

ここ数ヶ月で取引所のハッキングが相次ぐ

 

最近では、取引所のセキュリティ体制の

あり方が問われています。

 

ここ数ヶ月、取引所への

ハッキングが相次いでいますね。

  • コインチェック(580億円の損害)
  • BitGrail(200億円の損害)

など。

 

取引所へのハッキングについては、

取引所よりも

ハッカーのほうが一枚上手です。

 

ハッカーは、

たった1つの弱点を狙うことが

できる立場であるのに対し、

取引所はたった1点の

脆弱性も許されません

 

またハッカーは、

ハッキングが成功した際に

膨大な利益が期待できるため、

軍資金も大きなものが用意できます。

 

たとえ100億円をハッキングにかけても

150億円盗むことができればOKなのです。

 

そのため、取引所にセキュリティ強化を

求めることが重要となる一方、

僕たち投資家も

自前のウォレットに資金を移動させる

などの対策が大切となってきます。

 

Coinrailは「韓国ブロックチェーン産業協会」に未加入

 

一点、気がかりであるのが

Coinrailは

韓国ブロックチェーン産業協会

の会員ではなかったということ。

 

もちろん、だからといって

ハッキングに繋がったとは

一概にはいえませんが、

こうした協会や、枠組みのなかで

運営している取引所のほうが

ベターであるのも事実です。

 

韓国ブロックチェーン産業協会代表の

Kim Jin-Hwa氏はCoinrailについて、

コインレールは当協会に属していない

このような取引所は市場の中ではまるで二流

と厳しく批判しています。

 

日本では、金融庁により

仮想通貨交換業者」という

取引所ライセンスのような制度があります。

(未登録の企業を

みなし業者」と呼びます)

 

 

なるべくこうした信頼性の高い

取引所を利用していくこと。

そして、多額のウォレットを

取引所に放置しておかないという

投資家自身の対策も求められています。

 

こうしたニュースをきっかけとして

セキュリティを意識する人が

増えていくといいですね!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です