2018年春スタート予定の「コインタップ」ってどんな取引所?

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨を購入するためには、

まず取引所に登録する必要がありますよね。

 

最近では、取引所の数も増えてきています。

国内でいうと

  • bitFlyer
  • Zaif
  • DMM Bitcoin

といった取引所が代表的な候補となっていますが、

最近ではそれ以外の選択肢も考えられるようになりました。

 

なかでも注目を集めているのが

2018年春からスタート予定の「cointap(コインタップ)」です。

どういった取引所なのか、チェックしていきましょう。

 

cointapの詳細は不明な部分も多い

 

上述のとおり、2018年春からcointapがオープン予定です。

これから取引所を登録する方は、選択肢の1つとなるでしょう。

 

また、すでに取引所口座をお持ちの方にとっても、

取り扱い通貨やサービス次第では、

cointapを併用したほうがよい状況となるかもしれませんね。

 

それでは、cointapとは具体的にどのような取引所なのか。

詳しく解説していきたいところなのですが、

実はまだ、詳細な仕様については明らかにされていません。

(2018年4月現在、公式サイトにも詳細な情報はなし)

 

そこで、すでに判明している部分などに

限定することになりますが、ご紹介したいと思います。

 

cointapの運営はDMM子会社

 

まず明らかとなっているのが、

cointapはDMMグループ(DMM子会社)である

株式会社ネクストカレンシーズの運営だということです。

 

本来なら、cointapのような取引所が

ここまで注目されることはないでしょう。

それでもcointapが注目を集めているのは、

やはり運営会社がDMMグループだと明らかになっているからです。

 

投資家にとって、取引所を「どのような会社が運営しているのか?」は、

取り扱い通貨や手数料などと同じくらい重要。

取引所の信用力を見極めるには、運営会社が大きな要素となるからです。

 

DMMグループであれば、信用力が高いことはもちろん、

資金力も高いため(DMMは国内屈指のインターネット企業です)

ほかの取引所にはないサービスを展開してくる可能性もあります。

そんなところが、cointapが話題に上がる理由だと思います。

 

cointapの取り扱い通貨は?

 

それでは、cointapではどのような種類の

暗号通貨の売買が可能となっているでしょうか?

こちらについても、残念ながらまだ詳細な情報は公表されていません。

 

しかしながら、

  • ビットコイン
  • イーサリアム
  • ライトコイン

の3つの取り扱いについては可能性が高いとされています。

 

なぜなら、株式会社ネクストカレンシーズが2017年に発表した文書の中で

ビットコインをはじめ、イーサリアム、ライトコインなど主にブロックチェーン技術を活用した電子通貨

という記述があったからです。

しかし、必ずしもこれが取り扱い通貨を指しているとは限らないので

やはり公式の発表を待つ必要がありますね。

 

取り扱い通貨を段階的に少しずつ増やしていく可能性もありますし、

後発ということで他の取引所との差別化のため

めずらしい暗号通貨をラインナップに入れてくる可能性も考えられます。

 

初心者のスマホ売買に特化している?

 

cointapの具体的な仕様の1つとして

  • 初心者向けサービス
  • スマホアプリでの簡単トレード

といった路線になるのではないか、ともいわれています。

 

公式サイトのデザインがとっつきやすいイメージとなっており、

初心者向けサービスによく見られるデザインですよね。

 

また、コインタップという名称からも

スマホで簡単にタップして買える

というイメージが伝わってきますね。

 

しかし、これらも憶測に過ぎないので、

こちらも公式からの発表を待つほかはないという状況です。

 

現在、コインタップでは事前登録受付中とのこと。

事前登録を済ませると「特典」が用意されているようです!

気になる方はぜひ!

cointapの公式サイトはこちら

 

今回は、2018年4月現在での

cointap(コインタップ)の情報についてご紹介しました!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です