数年で「暗号通貨が圧倒的に普及する」のはなぜ?応用例と理由を解説

 

こんにちは、阿部です。

 

世の中にはいろいろな業界が

存在しています。

それぞれの分野で研究が進められ

少しずつ技術は進歩しています。

 

しかし、暗号通貨業界ほど

その進歩が急速な業界はないでしょう。

 

「暗号通貨など、普及するはずがない」

「通貨としての体をなしていない」

とあなたは考えていませんか?

 

そんなことはありません。

もしくは、現時点ではそうだとしても

いずれは暗号通貨やブロックチェーンの影響が

なんらかの形で現れることになります。

 

暗号通貨への投資が最近盛んですが、

なぜ投資家はそれほどまでに

暗号通貨を高く評価するのか

その理由をご紹介します。

 

暗号通貨は「お金」以上の存在!

 

暗号通貨を「少し便利なお金

くらいに考えている人は多いでしょう。

 

しかしこれから暗号通貨は

インターネットと結びつけられ、

ネットを経由するほとんどの取引が

暗号通貨の影響を受けることになるでしょう。

 

AI(人工知能)の発展を疑う人はいませんよね。

それは、人工知能が人間の代わりとなる

ポテンシャルを秘めているからです。

 

同じように、暗号通貨を使えば

多くのことが自動化されます

これは企業の「コスト削減」に直結します。

 

「支払い」と「契約」をセットにするSmart Contract

暗号通貨が世の中を劇的に変化させる。

その理由はさまざまなですが、

もっともイメージしやすいのは

イーサリアムなどのSmart Contract

(スマートコントラクト)

ではないでしょうか?

 

これは「支払い」と「契約」を

自動的にセットにするというもの。

スマートコントラクトを使えば

お金を支払ったのに、契約が守られない

ということが無くなります。

 

たとえばレンタカーでは、

  1. 店舗に足を運ぶ
  2. 店舗でレンタカーを契約する(カギを受け取る)
  3. レンタカーを返却する

という流れで

顧客はレンタカーを契約します。

 

しかし暗号通貨が普及した未来では

  1. 車内で暗号通貨を支払う

これで契約は完了です。

 

これが可能なのは、

「暗号通貨の支払い」と「契約」

がセットでおこなえるから。

 

しかも、

  • 「契約」を破り、返却期限を過ぎると自動的にエンジンが停止する
  • レンタカーの店舗が不要となるため、自動販売機のように「無人化」する

ことが重要。

企業にとっても、顧客にとっても

メリットがあります

 

レンタカーだけではなく、

世の中の「契約」の多くは「支払い」

とセットになっています。

そのため多くの分野に応用が可能です。

 

絶対に約束を守る上、タダで働いてくれる「事務員」?

 

 

ブロックチェーンや暗号通貨は、

絶対に約束を守る上、

タダで働いてくれる事務員

のようなものです。

 

暗号通貨の登場により、

  • オンラインデータをこれまでにない強固なセキュリティで守れるようになった(個人情報が不正流出したり、取引が改ざんされない)
  • Smart Contractで「支払い」と「契約」が必ずセットでおこなわれるようになる(ウソはつかない)
  • 暗号通貨は自立して動くが、人件費はかからない(コスト削減)

こうしたメリットから

多くの企業が暗号通貨を

研究対象にしています

 

将来的に銀行がなくなる?

銀行はある意味では

お金に関する事務作業

を専門とする機関であるといえます。

 

そのキモとなっているのは

  • 高い信頼性

ではないでしょうか?

 

たとえば僕たちが

日本円をアメリカに送金するとき、

銀行に国際送金を依頼します。

 

銀行は国際送金という「事務」作業を

高い信頼性」を持ってこなす代わりとして

送金手数料」を請求するのですね。

 

しかし、暗号通貨のユーザーなら

同じことを

ビットコインのシステムに依頼

することで実現できます。

 

まったく同じことを

  • 遙かに迅速
  • 安い手数料
  • 高い信頼性

というメリット付きで実現できます。

 

このようなメリットは

あらゆる業界の細かい部分に

溶け込んでいくはずです。

 

僕たちが認識できないところで

企業の仕組みの一部として

暗号通貨が使われていくことになります

 

企業がサービスを動かすため、

人でまかなっていた部分が、

暗号通貨やブロックチェーンに置き換わる

のです。

 

これが僕たちが暗号通貨へと

投資する大きな理由です。

可能性が無限大なのですね。

 

暗号通貨に興味がある方は、

ぜひ調べ、その可能性を知ってください。

きっと、以前とは違った印象

暗号通貨に抱くのではないでしょうか?

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です