暗号通貨はなぜ「政府」に規制されるのか? 分かりやすく解説!

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨と「政府」の関係は、

もっとも誤解されやすい

問題の1つではないでしょうか?

 

次のように感じた

ことのある方も

いるかもしれません。

 

政府が暗号通貨の

価値を保証し、

バックアップすれば

暗号通貨は

成功するのでは?

そもそもなぜ政府は

暗号通貨を規制するのか?

 

政府と暗号通貨の

関係をしっかりと

理解できれば、

暗号通貨の重要な問題を

理解することに役立ちます。

 

今回は、政府が暗号通貨を

規制しようとする

本当の理由について、

ご紹介します。

 

「暗号通貨」と「政府」はもともと相性が悪い?

 

こういう表現には

誤解が生じるかも

しれませんが、

暗号通貨と政府とは、

もともと相性が

よくなかったりします。

 

政府は「中央集権的

な存在で、

暗号通貨は「非中央集権的

な存在だからです。

 

政府は「中央集権的」

中央集権的とは、

中央に権力が集中

していることです。

 

たとえば政府は、

国家を統治する機関なので、

権力の多く握っています。

 

そのため、

国家が発行する法定通貨

(日本の場合、日本円)も、

国が権限を握っていて

国によって

価値が保たれています。

 

良くも悪くも、

権力が集中しているのが

「政府」という機関なのです。

 

暗号通貨は「非中央集権的」

非中央集権的とは、

中央に権力が

集中しておらず、

分散していることです。

 

そのため、「分散型」と

呼ぶこともあります。

 

たとえばビットコインは、

国によって発行されたもの

ではありません

 

そればかりか

特定の管理者や、

管理団体なども存在せず、

世界中のユーザーが

ビットコインの

アルゴリズムに従いつつ、

結果としてビットコインが

維持されています

 

政府は「中央集権的」なものの方が管理しやすい

 

政府がなぜ

暗号通貨を規制するのか

という本題について

考えていきたいと思います。

 

基本的には、

上述のように政府は

「中央集権的」な存在で、

暗号通貨は「非中央集権的」

な存在なので、

相性が悪いというのが理由です。

 

しかしもう少し

詳しく考えてみましょう

 

たとえば、国家のあり方にも

社会主義」と「資本主義

という2つの考え方があります。

 

もちろん僕たちの国は

資本主義ですが、

政府が多くの問題を

決めてしまう社会主義も、

世界にはまだまだ存在しますよね。

 

そういった国で、

資本主義的な考え方をした

人々がいきなり現れたら

政府はどうするでしょうか?

 

おそらく、

「規制」するのでは

ないかと思います

 

暗号通貨においても

同じような考え方を

することができます。

 

お金にも社会主義と

資本主義のようなものが

あるということです。

  • 資本主義=ビットコインなどの暗号通貨
  • 社会主義=日本円などの法定通貨

あくまで大まかな

イメージですが、

このように考えると

分かりやすいでしょう。

 

政府は暗号通貨を恐れている?!

 

上述したように、

政府は国家を

統治する機関です。

 

つまり日本政府は

日本において

「秩序を保つ」という

役割があります。

 

一方、最近登場した

「暗号通貨」は、

あまりに資本主義的過ぎるので、

秩序を乱す恐れがあります。

 

これが日本を含む

いくつかの国で

規制が検討されている理由。

 

たとえば、

  • 税金をしっかりと課税する
  • マネーロンダリング防止
  • 国民の資産の把握
  • 金融政策

といった

政府の仕事があります。

 

しかし、暗号通貨は

個人情報と結びつけ

られていないので、

政府がこうした仕事を

しにくくなります

 

(もし)日本人が日本円ではなく、

ほぼ100%の支払いを

暗号通貨でするようになったら、

国はもはや

どうしようもありませんよね。

 

とくに中国などは

こうしたことを懸念して、

チャイナコインなど

国家発行の独自通貨を

検討したり、

暗号通貨の規制を

強化したりしています。

 

一方、ユーザーにとってはメリット大

 

もちろん、だからといって

暗号通貨が「悪い存在」

というわけではありません。

 

上述のような事情で、

政府と相性が

あまりよくないのです。

 

とはいえ

僕たちユーザーにとって

暗号通貨にメリットがない

とは限りません

 

暗号通貨を正しく知って、

取り入れられる範囲から

取り入れてみる

見える世界が

変わってきますよ!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です