暗号通貨用の銀行は「ジャパンネット」か「住信SBIネット」が鉄板!

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨をはじめるため、取引所へ登録したとしましょう。

さて、「その次にやること」とは何でしょうか?

 

できれば早めに、暗号通貨投資用の

「ネット銀行」へ登録しましょう。

 

緊急ではないタスクについては後回しにしてしまいがちですが、

こんなに便利なら、

早くネット銀行を解説しておくべきだった!

となる請け合いなので、早めの解説をおすすめします。

 

今回は、

なぜネット銀行が暗号通貨投資に便利なのか?

おすすめのネット銀行はどこなのか?

についてご紹介したいと思います。

 

ネット銀行なら他行振り込みが無料!

 

ネット銀行に限らず、

銀行口座を持ちの方であればご存知でしょう。

ほとんどの銀行では、同行振り込みは手数料無料で、

他行振り込みは手数料が有料(数百円)となっています。

 

たとえば、

ゆうちょ銀行→ゆうちょ銀行への振り込みは手数料無料ですが

ゆうちょ銀行→みずほ銀行への振り込みのように、

他行振り込みとなると手数料が発生してしまいます。

 

しかし、ネット銀行の場合

他行への振り込みについても手数料が無料となるケースも!

たとえば住信SBIネット銀行のケースでは、

ランクに応じて月15回までの振り込みが無料となっています。

 

投資成績を上げるためにも、

余分なコストカットできるのは嬉しいポイントです。

 

自宅から残高の確認・振り込みができる

 

ネット銀行なら、わざわざ銀行の店舗に足を運ばずとも

自宅からパソコンやスマートフォンを利用して残高の確認ができます。

さらに、取引所へ送金するなどの振込操作もおこなうことができます。

 

これまで、銀行の店舗へ足を運び、

キャッシュカードや通帳で振り込みをされていた方は、

何だか難しそう」という印象があるかもしれません。

 

しかし実際はとても簡単なので、

ぜひチャレンジしてみてほしいと思います!

 

コンビニからの入出金が便利

 

あなたが現在お使いになっている

最寄りの銀行の店舗へは、何分くらいで行けますか?

 

そして、その銀行の店舗と「コンビニ」は

どちらが自宅から近いでしょうか?

多くの場合、コンビニの方が近くにあり、

数も多いのではないでしょうか。

 

ネット銀行なら、口座に入金したいときも

銀行へ出向くことなく、

最寄りのコンビニATMから操作が可能となっています。

 

当然、口座への入金(預け入れ)は手数料が無料ですし、

出金についても無料回数が設けられていることがあります。

たとえば、住信SBIネット銀行の場合

ランクに応じて月2回から15回無料

 

ネットから残高を確認できるというデジタルな面だけでなく、

実際のATM操作というアナログな面からも

ネット銀行を利用するメリットは大きいのです。

 

暗号通貨投資用のおすすめのネット銀行は?

 

ネット銀行を利用するメリットがわかったところで、

実際にどのネット銀行を利用するのがもっともおすすめなのか

詳しくみていきましょう。

 

暗号通貨投資用のネット銀行として今回ご紹介したいのは、

住信SBIネット銀行」(定番)と

ジャパンネット銀行」(クイック入金向け)の2つのネット銀行です。

 

住信SBIネット銀行

暗号通貨投資をしていて、ネット銀行を持っていないなら、

まずは「住信SBIネット銀行」から申し込んでみましょう。

 

住信SBIネット銀行には

  • 他行振り込みの無料回数が多い(ランクに応じて月15回まで無料)
  • コンビニATMの入出金の無料回数が多い(ランクに応じて15回まで無料)
  • 対応している取引所が多い

という特徴があります。

 

特に3点目「対応している取引所が多い」については、

たとえば大手取引所では

「ビットフライヤー」「GMOコイン」

といった取引所が住信SBIネット銀行に対応しています。

 

もちろん、それ以外の取引所へも

(他行振り込みの無料回数を消費しますが)

手数料無料で入金することが可能となっています。

 

ジャパンネット銀行

暗号通貨投資用のネット銀行としては、

ジャパンネット銀行」もぜひ口座開設しておきたいところ。

 

なぜなら、ジャパンネット銀行は「ペイジー(Pay-easy)

に対応しており、多くの取引所で

クイック入金」(即時入金)が利用できるようになるからです。

 

たとえば大手取引所では

「ビットフライヤー」「GMOコイン」

「ザイフ」「ビットポイント」

でペイジーを利用したクイック入金が可能です。

 

今回は、暗号通貨投資用のネット銀行について解説しました。

一度開設しておけばずっと使えるので、

これを機会にぜひ検討してみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です