暗号通貨のトレードが「ギャンブル」ではない3つの理由とは?

 

こんにちは、阿部です。

 

日本はアメリカなどと比較して、お金に関する教育が遅れているとされます。

そのことは日本人が投資に対して否定的である原因の1つでもあります。

たとえば、今でも一部の人々は「投資はギャンブルのようなもの

投資にだけは手を出してはいけない」と考えている場合があります。

 

最近では投資への理解が進んできたことで、

株式投資や投資信託などは一定の地位を得ていますが

暗号通貨に対しては「ギャンブルでしょ?」とのイメージがあります。

 

しかし、暗号通貨投資はギャンブルではありません。

今回は暗号通貨がギャンブルではないいくつかの理由を

初心者にも分かりやすいようにご紹介したいと思います。

 

実力のある人が儲け続けているから

 

これは暗号通貨だけではなく

株式投資においても共通して言えることですが、

利益を出し続けている投資家はその後も利益を出し続ける」傾向にあります。

 

もし暗号通貨同士がギャンブルであるなら、

継続して勝ち続けることはできないでしょう。

じゃんけんでずっと勝ち続けられないように

暗号通貨で書き続けるエキスパートもいないはずですよね。

 

しかし現実には、

リターンを出すコツを覚えた投資家はその後も勝つことができます。

 

知識のある人が有利だから

 

暗号通貨がギャンブルであるとしたら、

どれだけ勉強して知識をつけても、あらゆることは無駄であるはずです。

 

どれだけサイコロを振る練習をしたとしても、

いい目を出し続けることはできないように、

どれだけ考えてトレードしても、リターンを継続できないはずです。

 

たとえば、将来性の高い会社と将来性の低い会社の2種類が存在します。

このとき、将来性の高い会社を見抜くことができるということは、

株式投資はギャンブルではない」ことを意味しているのです。

(それが可能な投資家は多く存在します)

 

同じ理由で、暗号通貨投資もギャンブルではありません。

将来性の高いコインと将来性の低いコインの2種類が存在し、

それを予測することができるからです。

 

また暗号通貨の性質を知識として理解しておくことも投資に有利に働きます。

たとえばビットコインの性質上、

北朝鮮がミサイルを撃つ」などの

政治的な不安定が生じた場合、値上がりする傾向があります。

 

この場合、

このことを知っている人は投資に勝ちやすく

知らない人は投資に負けやすいということができます。

暗号通貨投資はギャンブルではなく知識がある人が有利な頭脳戦なのです。

 

歴史は繰り返すから

 

暗号通貨投資がギャンブルではないという

もう1つの理由は、歴史は繰り返すからです。

 

たとえば暗号通貨の値動きでは、

上昇と下落を繰り返すジグザグのチャートを形成します。

 

これは暗号通貨、株式投資、FX、投資信託、商品(コモディティー)などを問わず

また時代も問わず(50年前の株式市場もそうでした)共通している特徴です。

この歴史は、これからもずっと繰り返し続けることでしょう。

 

暗号通貨の場合、

  • 取引所に上場したコインは値上がりしやすい
  • スケーラビリティ問題解決のためのアップデートで値上がしやすい

などが共通点として見られます。

 

歴史は繰り返すからこそ、

勉強している投資家は利益を出すことができるのです。

 

継続して暗号通貨投資に取り組もう

 

ここまでお読みいただいた方は、

なぜ暗号通貨がギャンブルではないのかについて

きっとご理解いただけたのではないでしょうか。

 

ただし、正しくご理解いただくために

次のことを説明しておく必要もあると思います。

それは、「突発的なトレードはギャンブルになりうる」ということ。

 

暗号通貨の値動きはある程度読むことができますが、

100%の精度で予測することはできないのが現状です。

そのため、意に反して下落してしまうということは(上級者でも)あります。

 

もし投資を始めた方が、

たった1回のトレードに全財産を投入していたとしたら、

それはギャンブルというほかないでしょう。

 

しかし、正しい知識を持って

継続して暗号通貨投資に取り組んだ場合、

勉強は裏切らないと僕は考えています。

結果、長期的に継続してリターンが出せるようになるはずです。

 

これから暗号通貨投資を始められる方は、

ぜひ「ギャンブル」としてではなく「利にかなった資産形成」のために

はじめることをご検討いただければと思います!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です