暗号通貨の「安全性」の本当の話―仮想通貨は信用できない?!

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨には一般的に

下記のようなイメージ

あるのではないでしょうか?

 

  • 新しい技術として世の中に革命を起こす可能性がある
  • 一方、「安全性」や「信頼性」は既存の通貨よりも劣っている

 

たしかにこのような意見は

ある観点から見ると正しいのかも

しれません。

 

近年、ICOなどにおいて

詐欺(スキャム)も発生していますよね。

 

しかし、正しいICOやトークン、

もしくは暗号通貨を

選ぶことさえできれば、

日本円や米ドルといった

既存の法定通貨を使った取引よりも、

高い「安全性」や「信頼性」が

期待できるケースがあるのです。

 

これはいったいどのようなことなのか?

今回は、「既存の通貨(法定通貨)」と

「暗号通貨」のそれぞれの安全性について、

誤解されがちないくつかの点

ご紹介してまいります。

 

暗号通貨は「第三者機関」が関わらないため信頼性が高い

 

暗号通貨は最近になり

「お金のあり方に革命をもたらす」

といわれることも多いですよね。

 

その理由はいくつかあるのですが、

分かりやすいところでいえば

以下の2つが挙げられます。

  • どこにいても、世界中に「安い手数料で」「早く」送金することが可能となる
  • 暗号通貨は法定通貨とは異なり、「第三者機関」が存在しない通貨である

 

このうち、前者においては

暗号通貨の大きなメリット

ではありますが

「暗号通貨」に関わらず、

可能となる可能性もあります。

(電子マネーやクレジットカードなど)

 

しかし後者の

第三者機関が関わらない」というのは

ほとんど暗号通貨だけのメリット

となっており、

これが「お金の革命」といわれる

理由となっています

 

この「第三者機関が関わらない」

ということが、なぜそれほど

重要となるのでしょうか?

 

その理由を1つ1つみていきましょう。

 

暗号通貨の取引はほぼ100%改ざんできない

 

暗号通貨は文字通り「お金」

として使われています。

 

イーサリアムなどの高機能な

暗号通貨においては

「お金」以上の働きをすることも

ありますが、

「価値のあるデータ」である

ということには変わりありません

 

そしてそのことは

「法定通貨」においても同様。

「お金」には

絶対に改ざんできない

高いセキュリティが求められます。

 

しかし、法定通貨では

改ざんすることが比較的容易です。

  • クレジットカードのデータ
  • 銀行取引のデータ
  • 電子マネーの残高

などの重要な情報は、

それぞれ国や企業などの

「第三者機関」が管理しています。

 

そのため、そうした「管理者」に

悪意があった場合、

データを改ざんされたり

そのデータの価値を下落させたり

といったことが理論上は可能です。

 

多額の全財産を保管するなら

1つの銀行よりも

暗号通貨に変えておいたほうが

(改ざんできないため)安全だ

と認識される日がやってくるかも

しれませんね。

 

スマートコントラクトは「契約の革命」

暗号通貨の機能の1つである

スマートコントラクト

(Smart Contract)

暗号通貨が普及する鍵を握っています。

 

スマートコントラクトは

「お金のやり取りに

契約情報を追加できる」

というもの。

 

スマートコントラクトを使えば

お金を払ったのに

サービス(もしくは商品)を

受け取れなかった!」などの被害を

理論上、なくすことができます。

 

なぜこのようなことが

可能なのかというと、

スマートコントラクトが利用できる

イーサリアムなどには

「誰かの悪意」を反映させる

ことができない仕組みだからです。。

 

システムが「自動的」に

契約を守ってくれるので

信頼性が非常に高いのです。

 

アフリカなどの新興国で暗号通貨の需要が高まる

 

それでもやっぱり

暗号通貨は何だか信用できない

と感じられる方も

中にはいるかもしれませんね。

 

それはおそらく

僕たちが「日本」という

国や企業に対しての信頼性が

きわめて高い国に暮らしているから

という事情があるでしょう。

 

アフリカなどの新興国では

  • 企業と契約したのに、約束が守られない
  • 政府が発行する法定通貨の信頼性が低い

というケースもあります。

 

このような国から

暗号通貨の導入が積極的に

検討されていくことになるでしょう。

 

もちろん、政府そのものが「米ドル」を

法定通貨としていたとしても、

国民はビットコインを選ぶ

ということもできるのです。

 

ここまでのお話をまとめますと

  • 特定の国や企業に依存しないため、悪意をもった人間に、取引を改ざんされる心配がほとんどない

という点が暗号通貨の

高い信頼性の「元」となっています。

 

なぜ多くの人々が暗号通貨の

価値を信じているの?

と疑問だった方は

ぜひ参考にしてみてください!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Twitterで

1 個のコメント

  • 法定通貨は国という第3者が関与する。と言う事は理解できます。
    が、しかし、ブロックチェーンを利用し、”マイニングをしている人間”が介在すると言う事は
    その人たちは第3者にはならないのですか?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です