2020年からも生き残る暗号通貨はプラットフォーム系だ!

こんにちは、阿部です。

 

問題です。

「現在、存在している暗号通貨の数はどれくらいでしょう?」



1,000とも1,500以上とも言われていますが、

実態はハッキリしていません。

世界中のあちこちで、日々プロジェクトが立ち上がっているので、

正確な数は誰もつかめないんですね。

 

コインキャップの統計によると、この1年で約400種も増えたと言われています。

これは乱立状態とも言えますが、暗号通貨やブロックチェーンの

活躍する時代がやってくることを象徴しているようです。

 

しかし、現在に存在する数千種類の暗号通貨すべてが

活躍することはまずないと考えておくべきです。

それどころか、これからは使われるコイン使われないコイン

ハッキリと分かれることになるでしょう。

 

それでは、どのような暗号通貨が5年後、

10年後に生き残っている可能性が高いのでしょうか?

 

あくまで現在の材料から判断すると、その答えは

プラットフォーム系」の暗号通貨ということになるでしょう。

 

使われなくなった暗号通貨は価値が下がる

 

あらかじめお伝えしておきたいのが、

使われなくなった暗号通貨であれ

完全に消えてしまうことはないということです。

暗号通貨はブロックチェーン上に存在し続けます。

 

たとえば、ビットコインが使われなくなっても、

ビットコインを完全に消し去ることはだれにもできません。

 

使われなくなった暗号通貨に起こることは、

消え去ることではなく「価値の下落」です。

つまり、取引所価格などが大きく下がることになります。

もちろん、もしこれらのコインを所有していたら、

大きな含み損が発生することになりますね。

 

生き残る可能性が高いのはプラットフォーム系

 

さて、生き残る可能性がかなり高いと考えているのが

プラットフォーム系」の暗号通貨です。

時価総額が大きいプラットフォーム系の暗号通貨は

かなり高い確率で5年後、10年後も価値を保っているでしょう。

 

そもそも暗号通貨には「お金」(決済)という機能が備わっています。

プラットフォーム系の暗号通貨は、

暗号通貨が持つお金としての機能にプラスし

トークンを発行できる」という機能も備わっています。

(プラットフォーム系にはアプリケーション稼働など、これ以外にも機能もあります)

 

近年ICOが注目されていますが、

そこで発行される暗号通貨の多くもトークンです。

 

つまり、プラットフォーム系の暗号通貨の多くは

トークンを発行するという大切な役割を与えられていて、

その役割は今後も大きくなると予測されているのです。

これがプラットフォーム系がこれからも生き残ると考えられる理由です。

 

プラットフォーム系暗号通貨の例

 

プラットフォーム系には

どのようなコインが存在するでしょうか?

代表的なプラットフォーム系暗号通貨をご紹介します。

 

【イーサリアム(Ethereum)】

プラットフォーム系暗号通貨として

もっとも成功しているといえるのがイーサリアムです。

ほとんどのICOはイーサリアム上のプラットフォームでおこなわれます。

 

【ネム(NEM)】

コインチェック流出事件で話題となったネムも

プラットフォーム系暗号通貨です。

まだネムのプラットフォームで動くサービスは多くありませんが、

これからに期待したいところです。

 

【ネオ(NEO)】

中国のイーサリアム」といわれることも多いネオは、

プラットフォーム上でのICOも増えてきています。

こちらも伸びてきている暗号通貨ですね。

 

【ウェーブス(Waves)】

ウェーブスはロシアのプラットフォーム系暗号通貨です。

イーサリアムなどにくらべるとまだまだ利用は少ない状況ではありますが、

実力を伴っているため今後伸びてくる可能性は高いでしょう。

 

プラットフォーム系暗号通貨に注目しよう

 

念のためお伝えしておきたいのが、

プラットフォーム系以外はダメだ」ということではありません。

 

たとえば、時価総額1位のビットコインは

プラットフォーム系ではなくカレンシー系

(お金としての機能に特化している)ですが、

もっとも歴史が長い上、安定して価値を認められています。

 

そのため、時価総額1位を継続できるかどうかはわかりませんが、

これからも生き残る可能性はかなり高いでしょう。

 

あくまで、「どんなタイプの暗号通貨が生き残る可能性が高いのか

を考えたとき、プラットフォーム系があげられるということですね。

 

今回は、今後生き残る可能性が高い暗号通貨について、

個人的な意見をご紹介しました。

知識を深めるきっかけにしていただければ幸いです!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す