暗号通貨の規模は「トヨタ以上」?一流企業vs暗号通貨の時価総額

 

こんにちは、阿部です。

暗号通貨って実際、どれくらいの規模なの?

と疑問に感じている方は多いようです。

 

暗号通貨市場の時価総額の規模を肌感覚で理解できれば

その投資も安心感を持って実践することができるでしょう。

 

そこで今回は、

トヨタなどの一流企業の時価総額(価値の合計)とくらべて

暗号通貨市場全体の時価総額はどうなのか?

などを具体的な数字で比較してみたいと思います!

 

暗号通貨市場の規模は拡大中

 

株式投資やFXなどの経験者が、暗号通貨へ熱い視線を注いでいます。

新たな値上がりの可能性を暗号通貨市場に求めているわけですが、

一方で、「本当に投資しても大丈夫なのか?」と

不安を感じている方も多いようです。

 

やはり暗号通貨は歴史が浅いですし(2009年~)、

ボラティリティ(価格変動率)も高く、

「1ヶ月で半値に!」のようなニュースも聞かれます。

 

しかし、暗号通貨を「マネーゲームだ」「投機にすぎない」と

片付けてしまうのはもったいない話。

 

暗号通貨はすでに大きな市場規模となっており、徐々に信頼性を高めています。

しかも、それでいながらまだまだ成長過程だからです。

 

つまり2018年から暗号通貨投資を始めても決して遅くはありません。

むしろ、十分に上を目指せる「絶好の始めどき」といえるでしょう。

 

暗号通貨の時価総額は38兆円!

 

暗号通貨投資を始めれば、さらに大きな利益を狙えると知りながらも、

やはり不安を感じることが多いのは、

暗号通貨の「理解しづらさ」によるのではないでしょうか。

 

その1つに、どれくらいの価値(時価総額)があるのか?

がわかりにくいということがあります。

これをクリアにする1つの方法として、

いろいろな時価総額を比較しながら規模感をつかむとよいでしょう。

 

さて、暗号通貨市場全体の時価総額とはどれほどのものでしょうか?

2018年3月現在のデータを見てみましょう。

 

  • 暗号通貨市場全体の時価総額=¥38,485,098,217,509

 

つまり約38兆円(!)ということになります。

 

多くの方々がご存じの日本が誇る一流企業である、

ソニー(6.8兆円)、ホンダ(6.5兆円)、

三菱UFJ(9.9兆円)、ゆうちょ銀行(6.4兆円)、

そして日本でダントツの時価総額を誇るトヨタ(22.1兆円)などとくらべても、

暗号通貨の規模がどれほどの大きさであるのかを感じることができます。

 

また、

 

  • ビットコインの時価総額=¥15,889,490,358,155
  • イーサリアムの時価総額=¥7,167,196,604,842
  • リップルの時価総額=¥3,328,331,468,038

 

となっており、暗号通貨市場トップ3の時価総額を合わせると約26兆円。

暗号通貨全体の38兆円に対してかなりの割合を占めていますね。

 

さらに、興味深いこととして、

ビットコインの時価総額(15兆円)は、

日本企業の時価総額ランキングに当てはめた場合、

トヨタに次ぐ第2位にランクインします。

 

しかもこれは暗号通貨にとって記録的な下降トレンドにあるなかの数値であり、

潜在的にはさらに大きな時価総額であると評価できるでしょう。

 

暗号通貨は日本の一流企業と同じ、

もしくはそれ以上に価値を認められている存在だったのです。

 

暗号通貨の値上がりは「バブル」?

 

「暗号通貨はバブルによって膨れ上がったもの」

「しっかりとした土台のうえに成り立っている価値ではない」

といったように、暗号通貨の値上がりは一時的なものにすぎないのでは?

という意見もないわけではありません。

 

事実、テレビなどが暗号通貨をいまだに「怪しい何か」であるかのように

報道しているケースもありますよね。

しかし、そういった認識はリサーチ不足であるといわざるを得ません。

 

こうしている間にも、暗号通貨での決済に対応する店舗は増えていますし、

銀行や世界的企業の間で、暗号通貨システムを標準採用しようという動きが加速しています。

 

上述のように2018年3月現在、暗号通貨市場は下落トレンドとなっていますが、

相場はあくまで気まぐれなもので一時的に下落してしまうことはあります。

それとは裏腹に、暗号通貨の本質的な価値は日々高まっているのです。

 

暗号通貨は社会的にも認められた存在へ

 

暗号通貨は上述のように、

下降トレンドのなかでも38.4兆円の時価総額を誇る

世界的に認められた「通貨」です。

 

現状、「お金として使われている実績が少ないのでは?」という指摘もありますが、

これから普及していくものを購入していくからこそ「投資」というのではないでしょうか?

 

暗号通貨市場の“規模感”を知ることができれば、投資への不安も軽減されることでしょう。

今回は、2018年3月現在の暗号通貨の時価総額について、考察を交えながらご紹介しました!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です