DApps(分散型アプリケーション)とは何か分かりやすく解説!

こんにちは、阿部です。

 

最近、「ビットコイン」や「暗号通貨(仮想通貨)」という言葉は

かなりなじみの深いものになってきたと思います。

とはいえ、なぜこれほど一気に

暗号通貨が高く評価されるようになったのでしょうか?

 

その理由の1つとして「非中央集権的」、つまり

特定の管理者が存在しないという暗号通貨の性質があげられます。

これまでとまったく違うお金のあり方です。

 

そして、特定のだれかが管理しなくてもよい暗号通貨は、

これからさらに役割を拡大していくことになるでしょう。

そういった大きなくくりの中にあるのが

「DApps」(分散型アプリケーション)です。

 

今回は、DAppsとは何なのか?どういったメリットがあるのか?

について、どこよりも分かりやすく解説していきたいと思います。

 

DAppsは「暗号通貨の種類の1つ」と考えよう

 

Dappsは、正式にはDecentralized Applicationsといいます。

簡単にいえば、特定のだれかが管理していないアプリケーションです。

 

DAppsという言葉がピンとこないのは、

それが「機能」なのか「仕組み」なのか「通貨」なのか、

よくわからない存在だからではないでしょうか?

 

そこで、厳密には異なりますが

DAppsは、暗号通貨の分類方法の1つ」と考えてみましょう。

つまり、暗号通貨によって、DAppsに該当するものと

DAppsではないものがあるということですね。

 

 

非中央集権的な通貨

(特定の管理者なし)

中央集権的な通貨

(特定の管理者あり)

アプリケーション機能あり

DApps

該当なし

(「通貨」ではないが、LINEなど企業が開発したアプリケーションが近い)

アプリケーション機能なし

カレンシー系(ビットコインなど) 日本円・米ドルなどの法定通貨

 

 

暗号通貨には、非中央集権的なものと、中央集権的なものがあります。

そう考えるとDAppsとは、

非中央集権的かつ、ブロックチェーン上でアプリケーションを動かせる機能を持っているもの

と考えることができますね。

 

無料通話アプリ「LINE」をスマートフォンに

インストールされている方も多いと思いますが、

LINEは特定の会社より運営されているため

中央集権的なアプリケーションです。

 

しかし、LINEのようなものをブロックチェーン上で開発し、

特定のだれかに頼らずみんなで維持しているとすれば、

それは間違いなくDAppsだということになります。

 

DAppsのメリットとは?

 

「分散型」(つまり非中央集権的)でアプリケーションを動かすことができる

DAppsにはどういったメリットがあるのでしょうか?

 

【通常の暗号通貨よりも応用範囲が広い】

DAppsはアプリケーションを動かせるため、

たとえばビットコインのようなシンプルな暗号通貨よりも

ぐっと応用範囲が広がります。

 

ICOをおこなうためのプラットフォームとして利用したり、

非中央集権的な取引所(DEX)を作ったり、

ブロックチェーン上でゲームを動かしたりすることができます。

 

当然、これらのサービスに人気が集まれば、

その暗号通貨が買われることになり値上がりが期待されます。

 

【アプリケーションを当事者でコントロールできる】

たとえば、無料通話アプリLINEに新しい機能を追加したくても、

僕たちにはどうすることもできませんよね。

なぜならLINEは、

株式会社LINEが管理する中央集権的なアプリケーションだからです。

 

一方、DAppsの場合、

アプリケーションを支配する特定の管理者が存在しないため、

当事者でよりよいものを作り上げていくことができます。

 

また、特定の管理者が存在するアプリケーションでは、

そのアプリケーション関連で発生した収益も管理者が独占します。

しかし、DAppsの場合は

みんなで維持しながら、みんなで収益を得るといった仕組みも可能となります。

 

DAppsは、ほぼなくなることのないシステム

 

DApps関連の代表格な暗号通貨の1つに「イーサリアム」があります。

イーサリアムのブロックチェーンとスマートコントラクトを利用して、

アプリ(DApps)を開発するのです。

 

要はプラットフォームですね。

そういった暗号通貨にはいくつか(ネオなど)ありますが、

その中でもイーサリアムは絶対的なシェアを誇っています。

 

イーサリアムといえば、ビットコインに次いで時価総額2位です。

これは、イーサの提供する価値、つまりスマートコントラクトやDApps」

を多くの人々が評価しているということで、

何千億円というお金がやりとりされています。

 

そのため、DAppsは今後にわたって

ほとんどなくなることのない仕組みといえるでしょう。

僕たちが使うアプリケーションも

どんどんDApps上のものになっていくと考えられています。

 

投資家としては、

成功するDAppsを予測することで、

大きな利益を狙うことができるチャンスもあるでしょう。

 

今回は、DAppsとは何か?などについてご紹介しました。

これまでDAppsという言葉がピンとこなかった方は、

当記事をぜひ参考にしてみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です