コイン保有者が方針を決める!ユーザー目線の開発プラットフォーム「Decred(DCR)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日はDecred(DCR)が好調です。

 

ベータ版の公開と

概要に関する動画の公開が

好評価につながりました。

 

先日のConsensus2018にも

参加しており、注目は高まっています。

どんなプロジェクトなのか

詳しく見ていきましょう。

 

 

コイン保有者が運営方針を決めるしくみ

  

 

Decredが目指すのは

「自律的で大衆的な暗号通貨」

です。

 

ユーザーが身近に感じやすく

かつコントロールの効いた

信頼できる暗号通貨を目指しています。

 

基本的にはWindowsやMac、Linuxをサポートする

開発向けのプロジェクトですが

ユーザーにもその恩恵が得られるように

工夫されているものです。

 

たいてい、開発系プロジェクトというと

開発をした事業者などが

最も恩恵が得られるものになっています。

開発者のために作っているのですから

当然のことです。

 

そのため開発されたアプリやサービスを利用する

ユーザーへの配慮は

後回しにされている側面がありました。

 

そこで採用したのは

「ガバナンス」です。

 

開発者が勝手に進めるのではなく

ユーザーが意見を重ね、

合意を得てから開発が進められるようになっています。

 

運営者や開発者と

関与するユーザーやマイニングをするマイナーを含めて

協議されていくことになります。

 

また、開発状況がわかるように

オープンソースを公開しており

プログラミングがわかる人には

実装状況を確認することもできます。

 

運営者側が権利を独占するのではなく

公開議論を重ね、得られた意見を採用することで

オープンでユーザー目線のしくみに

なっているということなのです。

 

 

また、Decredの大きな特徴は

取引承認のアルゴリズムが

PoW(Proof of Work)と

PoS(Proof of Stake)の

ハイブリッド型だということです。

 

PoWは仕事量に応じて報酬が得られるしくみで

一部の人が権利を独占しやすい問題。

PoSは保有量に応じて得られるしくみで

資産家が独占しやすく流動性が損なわれる問題と

それぞれ問題がありました。

 

これらを組み合わせ

弱い部分を補完することで

多くのユーザーが参加しやすく

一部の人間や環境に依存しない環境

構築できるようになっています。

 

「コイン保有者が運営方針を決める!」

という株式会社のしくみに似た

新しい暗号通貨の運営システムなのです。

      

 

大衆に開発を任せる際の問題

  

 

課題となるのは

コミュニティへの参加者を維持すること。

発言力が大きい人の意見に盲従されやすいことです。

 

大衆が良いと思ったことが

必ずしも正解とは限らず

少数意見が消されやすい課題があります。

 

とはいえ、これらは

プロジェクトが発展していく過程で

想定できる範囲のことですから

問題が浮上すれば解決も早いでしょう。

 

将来性の高いプロジェクトといえます。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です