ユニークな性能を持つ隠れた実力者!セキュリティとスピードが持ち味「DigiByte(DGB)」

こんにちは、阿部です。

DigiByte(DGB)が上昇しています。

取引所Vertpig上場と、ウォレットサービスAtomicWalletへの追加が買い材料となりました。

AtomicWalletはその名の通り「資産を管理する」ウォレットですが取引所の機能が内蔵されている分散型取引所(DEX)の1つです。

なので、実質2つの取引所で取り扱いが始まったということです。

マイナーではあるものの、長い歴史と優れた性能を持ち、ポテンシャルの高いプロジェクトです。

長い歴史を持つ高性能プロジェクト

DigiByteの誕生は2014年1月で暗号通貨の中では比較的古いプロジェクトです。

魅力的なポイントが複数ありますのでそれぞれ簡単に紹介していきます。

まず大きな特徴は承認アルゴリズムが5つも使われていることです。

ビットコインだとPoW、EthereumはPoSというように、取引を承認するアルゴリズムは1つだけ採用しているのが普通です。

一方DigiByteでは5つのアルゴリズムを20%ずつ振り分けることで、一部のマイナーや資産家に市場を独占されることもなく様々な攻撃も回避できるようになっています。

また、ブロックの生成速度も早く、15秒に1個のペースで作られています。

ビットコインが10分に1個で、その差は40倍です。

いかに高速であるかがわかりますよね。

山手線が通勤時間帯に本数を増やすように、同じ容量のブロックでも本数が増えることで多くの情報を効率よく処理できるようになります。

1ブロックに詰め込む情報量も少なくて済みますから負担が少なく、コストを抑えることもできます。

DigiByteの特徴はこれだけではありません。

もともとDigiByteは、Segwitという取引データを圧縮するしくみを初めて採用した暗号通貨で、大量の情報を小さくまとめることができます。

さらに、2年毎にブロックサイズを2倍にする特殊な仕組みをプログラムしているので、ビットコインなどが抱えるスケーラビリティ問題を劇的に改善できているということです。

天文学的な勢いで取引量が増えない限りは、永久に取引の快適性やコストを抑えられる非常に性能が優れたプロジェクトなのです。

ゲーム業界にも進出!超穴場プロジェクト

最近はゲーム業界にも進出しており、League of Legends(リーグ・オブ・レジェンド)やMinecraftといったゲーム好きなら誰もが知っている超有名ゲームで通貨として使用されています。

あまりマーケティングが盛んではないので注目度は未だ低いのですが、様々な提携や上場のニュースが発表されるに連れて徐々に認知度も高まっていくでしょう。

暗号通貨ユーザーが増えるほどDigiByteのポテンシャルが、発揮されるようになりますから3年先、5年先を見据えて注目していきたいですね。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す