フリマで電子書籍が売れるようになる!?ネットの新しい価値を生むしくみ「Elastos(ELA)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日は「Elastos(ELA)」が良い調子ですね。

 

細かな内容の進捗報告や

2つの企業への訪問の様子を

公表したことが好意的にとられています。

 

ただ、、

上位100位以内ではあるものの

日本での認知度は未だ低く、

他のブログなどでも

あまり紹介されていません。

 

しかしながら

大きな可能性を秘めた

プロジェクトですから

ぜひ確認してみてください。

   

 

デジタル資産を譲渡・売買できるシステム

 

 

Elastos(エラストス)が目指すのは

「ブロックチェーンを活用した新しいインターネットの構築」

です。

 

中国版イーサリアムを呼ばれる

「NEO」をベースに作られたもので、

プロジェクト自体もイーサリアムの構想に

近いものが進行しています。

 

現在行っているのは

ブロックチェーンと個人の権利を

結びつけようとするものです。

 

たとえば

ゲームを買おうとする時、

パッケージ版は店頭で買うことができますし

やり終わればどこかで売ることもできます。

 

しかし、

ダウンロード版の場合、

売ろうと思っても売れません。

 

書籍も、紙の本を買えば

BOOKOFFなどで売れますが、

電子版を購入すると売れません。

 

このように、

ネットで買ったデータは

譲渡や売買ができないものが

非常に多かったのです。

 

そこでELAは様々なデータを

ブロックチェーンに紐づけして

譲渡や売買ができるようにしようと考えました。

 

これによって

やり終わったゲームや

飽きてしまった音楽や書籍などを

他の人にあげたり売ったりできます。

 

モノと同じように、

音楽や電子書籍が

フリマアプリで気軽に

売れる日が来るかもしれませんね。 

 

 

制作者にもメリットがある

 

 

ただ、データ商品でも

中古品の流通が盛んになると心配なのは

「制作者側への見返りが減るのでは?」

という問題です。

 

今の書籍などの場合

新品のものを買わないと

制作者側に印税が入りません。

 

いくら中古をたくさん買っても

小説家や漫画家の生活は

潤わないわけです。

 

しかし、ブロックチェーン技術を

応用すればこれも解決できます。

 

著作権などの知的財産も

ブロックチェーンで紐づけすることで

「そのコンテンツが誰のものか?」

がハッキリとわかるようになります。

 

これにより

制作者は権利に関する管理を

選択できるようになります。

 

たとえば、

中古品を売買する際、

印税のようなものを

自動的に徴収することも可能です。

 

守りたければしっかり守れるようになりますし

販売権を提供すれば

効果的にコンテンツを広めてもらえるかもしれません。

 

使い方によって

制作者にも恩恵を得られるしくみに

なっているということです。

 

 

ただ、ELAはまだ開発段階で

具体的な実績は出せていません。

ですが、その分伸びしろがあるとも言えるので

長い目で見守っていきたいですね。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す