早くて安全で、スタミナもある!Cryptopia上場で勢いを増す通貨「Electra(ECA)」

こんにちは、阿部です。

 

 

今日は「Electra(ECA)」が健闘しています。

 

大手取引所「Cryptopia」に

上場されたことで

前日比31%と大きな伸びになりました。

 

まだまだ小柄な銘柄ですが、

ありそうでなかったことを

やってのけている通貨であり、

注目していいプロジェクトの1つです。

 

いったい何をしたのか?

詳しく見ていきましょう。

  

 

「迅速かつ安全」を実現したプロジェクト

 

 

ECAが取引開始されたのは

2017年3月のことで、

ちょうど1年前です。

 

そんなECAの大きな特徴は

「迅速かつ安全性の高い取引」

を可能にしていること。

 

・・・これだけ聞くと

全くフツーの感じがしますよね。

 

しかし、

「迅速」と「安全性」

この2つを掲げられるプロジェクトは

非常に少ないのです。

 

なぜかというと、

 

そもそも

暗号通貨のシステムの性質上

スピードとセキュリティは

対をなしています。

 

分厚く強固な鎧をつけると

速く走れなくなってしまうのと同じで、

守りを固めれば固めるほど

動きが遅くなるのが一般的です。

 

 

暗号通貨の場合、

取引承認に必要なマイニングの

難易度を下げることで、

取引スピードを速くします。

 

つまり、速くするには

安全性を落とすことが普通で、

これが多くのプロジェクトの

ジレンマでもあったのです。

 

ECAはこれを、NIST5という

独自のアルゴリズムを使用することで

早さも安全性も両立した

取引を可能にしました。

 

また、NISTアルゴリズムは

電気効率もよく

多くの取引を少ないエネルギーで

済ませることができます。

 

速くて安全で省エネでもある。

 

まさにハイブリッドな通貨といえますね。

  

 

インフラになりうるハイブリッド通貨

 

 

ハイブリッドという意味では

PoWとPoSの両方を使用している点でも

そうですね。

 

PoSの場合は、

ECAの供給量が最大値に達するまで

投資金額の50%を報酬として得られるので、

価格の安定化に繋がります。

 

また、ECAにはCEOなど経営メンバーがおらず

中央の権限で運営されていません。

オープンソースなので

誰でもプロジェクトに参加することができます。

 

このコミュニティの動向も

注目しておくといいでしょう。

 

さらに、ECAは

商用向け決済システム「ElectraPay」

SNSでECA取引ができる「SocialPay」

を開発中です。

 

特にSocialPayは

クリエイターやNPOなどへの寄付に使われたり

ICOやクラウドファンディングに活用されたりと

幅広い活用方法があり注目されています。

 

 

まだまだ認知度が低いプロジェクトですが、

ロードマップによれば、

今年はマーケティングと開発の両面で

積極的な活動をしていくとのこと。

 

多くの人に知られるようになり

プロジェクトの汎用性も拡大していけば

利用価値も上がってくるでしょう。

 

今後の成長に期待です。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です