【18年6月】EOSが約2日間で30%も上昇!その要因は?

 

こんにちは、阿部です。

 

2018年6月4日現在、

EOS(イオス)が急騰しています。

 

これにはどのような

理由があるのでしょうか?

 

またEOSは投資家の間で

実は無価値である」といわれています。

ホワイトペーパーで公式も

直接価値があるものとしては扱わない

との旨の文脈があります。

 

そこで、今回は

EOSが高騰している要因とともに

EOSとはどういった暗号通貨なのか

という部分も解説してみたいと思います。

 

EOSが絶好調!その理由は?

 

EOSのチャートが

右肩上がりを描いています。

2018年6月4日時点のチャートです。

 

同じチャートを

ここ1ヶ月に拡大して見てみると…

このようになります。

 

直近2日間で短期間で130%くらいまで

上昇していることがわかります。

この要因はいったい何なのでしょうか?

 

EOSIO 1.0へのアップグレード

EOSそのものの仕組みが

手数料が無料で利用できたり

送金速度がクレジットカード並みに

高速であったりと

優秀であることは確かです。

 

機能面ではイーサリアムを凌駕する

ともいわれることが多いですよね。

 

たしかに長期的な相場で見ると

そうしたことが価格への好影響

となっている可能性が高いですね。

 

しかし、

短期的にはやはり

「EOSIO  1.0」のリリース

によるところが大きいでしょう。

 

こちらは、

オープンソースのブロックチェーン

となっており、

EOSが目指している

イーサリアムを上回るプラットフォーム

に一歩近づくためのリリースとなります。

 

EOSとは?なぜ価値が高い?

 

そもそもEOSとはどのようなものなのか?

これを理解しないと

EOSトークンへの理解も深まりませんよね。

 

というわけで、

簡単に解説していきます。

 

DAppsの機能が特徴

DAppsとは日本語で

分散型アプリケーション

といいます。

 

これはアプリケーションを

暗号通貨のブロックチェーン上で

動かすことができる機能。

 

たとえばイーサリアムも

この機能を軸に据えることで

高い評価を獲得しています。

 

特定の企業が動かすアプリではなく、

EOS上で動く分散型のアプリ

これから勢いを増していくはずです。

 

EOSはそうした時代を見据えているからこそ

高い将来性があるといわれるのですね。

 

送金手数料が無料

EOSは送金手数料

(トランザクション手数料)

が完全に無料となっています。

 

イーサリアムと似ているEOSですが、

この点では

イーサリアムを凌駕しています

 

DAppsを使って何かしようとする

企業があるとします。

 

その場合、コストの観点から

イーサリアムよりもEOSが選ばれる

というケースは想定できますよね。

 

処理能力がきわめて高い

またEOSは

送金のスピードが速いこと、

キャパシティが大きいこと、

の2つが絶対的な強みとなっています。

 

ビットコインやイーサリアムよりも

EOSのトランザクション処理能力は

圧倒的に高いのです。

  • ビットコイン:7件/秒
  • イーサリアム:15件//秒
  • EOS:数百万件/秒

 

クレジットカード以上の

トランザクション処理能力を誇るので

今後EOSが爆発的に普及しても

処理能力の心配はありません

 

実はEOSトークンは無価値?

 

ただしEOSを購入する際には

注意点があります。

 

それは、EOSトークンは現状

まったく使い道がないということ。

 

公式も認めていることですが、

EOSトークンは現状、

EOSで利用することはできません。

将来的に利用できるようになる

予定ですらもありません。

 

ただ、資金調達のためだけに

発行されたトークンとなっており、

その点がイーサリアムとは

決定的に異なるので注意しましょう。

 

EOSは現在、時価総額5位に入っています。

これほどのコインが無価値

などということがあるのでしょうか?

 

現在、EOSトークンが高い価値を

保つことができているのは、

無価値とはいうものの、

将来的に何らかの価値はつくでしょ!

という希望的観測にすぎない面もあります。

 

AirDrop(無料配布)や

配当などがその例です。

 

そうした点をしっかり理解した上で

EOSトークンを購入するようにしましょう!

 

今回は、最近のEOSについて

ご紹介しました。

 

EOSトークンを購入するには、

BITTREX

 

が定番でしょう。

(日本の取引所では扱われておりません)

ご興味のある方はよろしければどうぞ!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です