暗号通貨×ゲーム(eスポーツ)が2018年から盛り上がる?

こんにちは、阿部です。

 

ブロックチェーンはさまざまな分野へ

応用できることが高く評価されています。

代表的な分野としては金融があげられますね。

 

しかし、それだけではありません。

暗号通貨やブロックチェーンが活躍する舞台として、

ゲームやeスポーツの分野も大きく期待されているのです。

 

ゲーム市場は金融と同様に巨大であるため、

暗号通貨の普及のカギを握るジャンルでもあります。

 

また投資家にとっては、

暗号通貨がゲーム市場に普及することで、

関連銘柄から値上がり益を得られるメリットがあります。

 

ですから、業界の動きを知れば、

いち早くチャンスを掴めるのです。

 

それでは詳しくみていきましょう!

 

ブロックチェーンを使ったゲームはなぜ画期的?

 

世の中にはさまざまな業界が存在しますが、

その中でもゲーム業界の規模は小さくありません。

たとえば、2016年の世界ゲーム市場は約9兆円もありました。

 

暗号通貨市場全体の時価総額が50兆円であることを考えると、

1年でこれだけの価値を生み出す業界の存在は無視できません。

 

さらに近年、eスポーツの流行が加速してきており、

近い将来にはプロゲーマーなどの職業も

一般的になると考えられます。

 

ゲームの品質や技術も

次々と新しいものが誕生しています。

そして、その流れで注目されてきているのが

ブロックチェーンや暗号通貨(トークン)を使ったゲームです。

 

暗号通貨がゲームと結びつくことで、

「ゲーム上だけのお金」が

現実世界でも価値を持つお金」になろうとしているのです。

 

勝つとトークンがもらえる形式のゲームも

 

暗号通貨を使ったゲームがなぜ画期的なのかというと、

現実世界で価値を持つ暗号通貨を稼ぐことができるからです。

その方法もさまざまなものが考えられますね。

 

たとえば、格闘ゲームで勝つと暗号通貨がもらえるなど、

賞金をトークンにする形式も一般的となるかもしれません。

人気のレースゲームやアクションゲームなど、

さまざまなジャンルに応用できる方法となるでしょう。

 

さらに、ゲーム上のアイテムを交換する条件として

暗号通貨をやりとりするといったことも考えられます。

 

また、ブロックチェーンを使ったゲームが

画期的である別の理由もあります。

 

最近のゲームでよく問題になるのがチート行為、

つまりゲームデータを改ざんして

ゲームを有利に進めようとする不正行為です。

 

しかし、ブロックチェーン上でゲームを動かすことで

絶対に不正できないシステムを構築できます。

さまざまな面で、暗号通貨とゲームは相性がよいのですね。

 

暗号通貨を使ったゲームの例

 

暗号通貨を使ったゲームは次々開発されています。

タイムリーなものをいくつか取り上げましょう。

 

たとえば以下のようなモノ

・【MonteCrypto : The Bitcoin Enigma】

2018年2月20日リリースで、ジャンルは迷宮ゲーム。

クリアすることで1ビットコイン(2018年2月現在、約120万円相当)

を獲得することができます。

 

【BitPet】

イーサリアム上で稼働する、キャラクター育成ゲームです。

オークション形式でキャラクターを売却したり、

ゲームをすると報酬が受け取れたりします。

(BitPetは2018年2月26日まで事前登録受付中とのことです)

 

BitPetのサイトはこちら

 

巨大ゲーム市場で暗号通貨が普及すると…?

 

2018年以降、ブロックチェーン上のゲームが

かなり充実してくるでしょう。

現在はまだライトなゲームが多いですが、

完成度の高いゲームもどんどん登場してくるはずです。

 

当然、ゲームが流行することでトークンも値上がりし、

トークンの母体※となる暗号通貨も値上がりすることになります。

そのため、これからの注目ジャンルの1つといえるでしょう。

 

※トークンの母体とはBTCやETHなど、

トークンが存在するためのブロックチェーンを提供しているコイン。

トークンは既存のブロックチェーンをベースに作られる。

(イーサリアムトークンなど、聞いたことがありませんか?)

 

今回は、暗号通貨がどういった分野に応用されていくのかについて、

ゲーム分野を取り上げ、個人的な見解をご紹介しました。

業界をリサーチしている方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です