ゲーリー・ゲンスラー氏が「ETHとXRPは有価証券」と発言

 

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨やICOは有価証券なのか?」という議論が

これまでも盛んにおこなわれてきました。

そして特に最近、この議論が強さが増してきています。

 

暗号通貨やICOを法律上の有価証券とみなすのか、

それとも独立した存在としてみなすのかは、

これからの市場価格を

予測する上でも重要となってきます。

 

この問題はアメリカを中心に、

暗号通貨の関係者はもちろんのこと、

大手メディアなどでも

取り上げられるほど注目されています。

 

先日、イーサリアムとリップルの2つの暗号通貨について、

ゲーリー・ゲンスラー氏が「有価証券だ」と発言した

とのニュースがありました。

いったい、どのようなことなのでしょうか?

 

暗号通貨が取引所で買えなくなる可能性も?

 

本来、暗号通貨は1つの通貨として独立して存在しています。

「株式」「FX」など

のその他の金融商品とは異なっていることが

感覚としておわかりになるでしょう。

 

しかし最近、法律的な問題としての

暗号通貨の位置付けをどのようにするか、

という議論が盛んにおこなわれています。

 

株式や債券など、

価値のある証券のことを「有価証券」といいますが、

暗号通貨を有価証券の大きなくくりの1つ」として

(法律上では)取り扱おうという動きです。

 

もしそうなれば、

どのような変化が業界に起きるのでしょうか?

もっとも大きな変化は、ほとんどの暗号通貨が

これまでの取引所で売買できなくなることです。

 

有価証券を売買することができる取引所は、

暗号通貨の取引所よりもずっと厳しい審査が求められます。

そのため、有価証券を売買できる取引所に

暗号通貨を上場させるのは非常に難しいのです。

 

最悪の場合、暗号通貨を取り扱うことのできる

取引所がゼロになってしまうことも考えられます。

 

ゲーリー・ゲンスラー氏の発言

 

このような状況の中、さらに

イーサリアムとリップルを有価証券とみなす動きが強まっている

というニュースがありました。

 

マサチューセッツ工科大学のブロックチェーン研究者の

ゲーリー・ゲンスラー氏は、

イーサリアムとリップルの2つの暗号通貨について、

非準拠証券であるという揺るぎない根拠がある

と述べました。

 

ゲーリー・ゲンスラー氏のような有識者の発言により、

やはり暗号通貨は、有価証券だったのか?

という空気がかなり強くなってきました。

 

イーサリアムとリップルにとって向かい風?

 

このような両通貨を有価証券とする指摘に対し、

イーサリアムとリップルの両通貨は、強く反発しています。

 

立場を考えるとこれは当然のことで、

もしリップルとイーサリアムが有価証券であるとすれば、

有価証券に準じた強い規制がかけられるため、

(これまでの取引所で買えなくなる可能性など)

最終的には、値下がりの可能性も考えられます。

 

この事情を日本に当てはめて考えてみましょう。

有価証券が売買されているのは

東京証券取引所」という機関ですが、

上場させることは非常にハードルが高いのです。

(そのため「上場企業」の言葉が勲章となるのですね)

 

リップルやイーサリアムが有価証券であるとすれば、

こうした公的な取引所への上場を目指す必要が出てくるのです。

(※日本に例える場合。アメリカも基本的には似た仕組みです)

 

暗号通貨が法律上の有価証券なのかどうかは、

これからさらに争われるところで、

現時点では断言できない状況です。

 

しかし、イーサリアムとリップルに

向かい風が吹いているということは間違いないでしょう。

 

なぜイーサリアムとリップル?

 

ゲーリー・ゲンスラー氏は、

なぜイーサリアムとリップルだけが「有価証券だ」

と指摘しているのでしょうか。

 

ゲーリー・ゲンスラー氏や、多くの有識者たちは、

ビットコインやモネロといった暗号通貨については

有価証券に該当しないだろうとしています。

 

ビットコインなどは

ICOの実施を前提とした設計ではない」からです。

(ICOトークンこそ、「有価証券では?」と指摘される理由です)

 

また、リップルについては、

暗号通貨を管理しているのが1つの会社(Rypple社)

であることから、完全な分散型のビットコインなどとは異なるため、

有価証券に該当するのではないかと言われています。

 

この問題は、価格に影響する問題なのでリサーチに値するでしょう

引き続き、イーサリアムとリップルや、

その法律的な位置づけを見守っていきましょう。

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です