イーサリアムのProof of Stakeへの移行は「好材料」?

 

こんにちは、阿部です。

 

時価総額第2位のコインであるイーサリアム(Ethereum)で

Proof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)から

Proof of Stake(プルーフ・オブ・ステーク)への

アルゴリズム変更を行うことが、話題となっていますね。

 

Proof of WorkからProof of Stakeへのアルゴリズム変更は、

Ethereumにとって大きな転換点となります。

決して小さなアップデートではありません。

 

したがって、

価格への影響も何らかの形で現れると考えるべきでしょう。

 

Proof of Stakeになると何がどう変わるのか?

Proof of Stakeの移行時期はいつなのか?

具体的には、買い材料なのか、それとも売り材料なのか?

 

こういった疑問点について、今回は取り上げてみたいと思います。

それでは詳しくみてみましょう!

 

Proof of Stakeとは?

 

そもそも、イーサリアムへの導入が予定されている

「Proof of Stake」とはどのようなアルゴリズムなのでしょうか?

 

暗号通貨の多くには「コンセンサスアルゴリズム」という

土台となる基本的なシステムが存在します。

 

イメージでいうと、普通のお金(日本円や米ドルなど)は

日本やアメリカなどの国家が管理していますよね?

 

しかし、暗号通貨にはそういった特定の管理者がいません。

(つまり、「分散型」の通貨ということですね)

 

そこで、管理者が存在しない代わりに、

ユーザー全体の意見をまとめる「合意形成」をはかりながら、

ユーザー全体で通貨を運営していくことになります。

そのルールの土台となるのがコンセンサスアルゴリズムです。

 

つまり、イーサリアムにおいて

Proof of WorkからProof of Stakeへ移行することは、

イーサリアムを維持する土台のルールを変更しよう!

ということなのです。

 

Proof of Workへの移行はいつ?

 

イーサリアムはいつ、

Proof of Stakeへの移行を完了させるのでしょうか?

移行完了の前後には価格変動が発生する可能性が高いので、

時期については、正確に予測しておくほうが有利となります。

 

しかし結論として、

まだ現時点で正確な時期は分かっていません。

早ければ2018年内、遅ければ2019年以降となるだろう

と言われています。

 

というのも、

イーサリアムのアップデートにはいくつかの段階があり、

  1. Frontier(フロンティア)
  2. Homestead(ホームステッド)
  3. Metropolis(メトロポリス)
  4. Serenity (セレニティ)

の順番で実施されていきます。

 

この4段階のうち、Proof of Stakeへ移行されるのは

最後のステップとなるSerenity (セレニティ)です。

 

しかし、その前に3つのアップデートを完了させる必要があり、

それらが遅れているため

Proof of Stakeへの移行も後ろ倒しとなってしまっているのです。

 

もうしばらく待てば、詳しい情報が発表されることでしょう。

 

Proof of Stakeへの移行は「買い材料」となるか?

 

投資家としてもっとも気になる部分は、

Proof of Stakeが導入されたイーサリアムは値上がりするか?

それとも、値下がりするか?

という部分ではないでしょうか。

 

Proof of Stakeへの導入がうまくいくかどうかは

さまざまな要因が絡んでおり、

時期も先となるため予測しにくいのが現状です。

 

しかし、その前提でいえば

買い材料となる!」といってもよいだろうと考えています。

 

その理由としては、

Proof of WorkからProof of Stakeへ移行することで

消費電力、つまりコストが大幅に削減されるからです。

 

たとえば、ビジネスシーンでもコスト削減が重要ですよね。

厳密にいえば異なる部分もあるのですが、

イメージとしては会社の運営と同じように

暗号通貨にも維持コストというものがあると考えるとよいでしょう。

 

イーサリアムを維持するための労力が少なくなる」ので

結果としてイーサリアムコミュニティにとっての

利益が大きくなると予測されます。

 

Proof of Stakeへ移行せず、

Proof of Workのままである場合、

膨大な消費電力から環境問題も懸念されます。

 

そういった長期的な懸念材料を解消できるのも

Proof of Stakeへの移行によるメリットといえると思います。

 

今回は、イーサリアムの

Proof of WorkからProof of Stakeへの移行についてご紹介しました!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です