初心者でも安全で快適に利用できる!ユニバーサルウォレット開発に臨む「Ethos(ETHOS)」

こんにちは、阿部です。

Ethos(ETHOS)が公開から1周年ということで、明日に何やら大きな発表をすると告知しています。

具体的な内容は明日明かされることになるようですが、期待と祝福の意味がこもった上昇となりました。

暗号通貨業界の垣根を越える利用しやすい暗号通貨を目指すプロジェクトです。

初心者でも簡単に利用できる暗号通貨管理システム

この記事を読んでいる方は暗号通貨に多少なりとも興味があり、実際に投資をしている人が多いです。

しかし、一歩街に出てみると暗号通貨を所有しておらず、未だに毛嫌いしている人も多くいることがわかります。

暗号通貨という名前のイメージや法整備が進んでいないことなどが、嫌煙される理由になっていますがEthosは「手続きが複雑であること」が、暗号通貨の普及を妨げている大きな原因だと指摘してます。

暗号通貨を利用するためには取引所やウォレットの利用手続きが必要ですし、パスワードやウォレットなどの情報管理を徹底する手間が増えます。

銀行などの金融機関に任せていたことを自分でやらなければいけなくなるのは、不安で面倒という声があるのです。

そこで、Ethosは資産管理をもっとわかりやすく簡単に利用できるようにし、暗号通貨をより実用的なものに変えていこうとしています。

Ethosの大きな特徴は、ユニバーサルウォレットという機能です。

これまでだとビットコインはビットコインのウォレット、Ethereum系はEthereum対応のウォレットというように専用のウォレットを利用する必要がありました。

円の財布、ドルの財布、ユーロの財布と分けられていたようなものですから利用する際には手間がかかっていました。

それがユニバーサルウォレットなら複数の暗号通貨を1つのウォレットで一元管理できるようになります。

取引に関してもワンクリックで取引できるようになっており、初心者でも扱いやすい仕様になっています。

また、Ethosのネットワークは高い流動性を誇っており、入出金やトレードなどをスムーズに行うことができます。

もちろんセキュリティも万全なので投資家にとっても快適で安心なプラットフォームとなっているのです。

ユーザーファーストのアプローチ

Ethosでは、ユニバーサルウォレットを始めとする機能を実際に使ってもらうことに重きをおいています。

現在はアプリ版の開発を進めており、モバイルで身近に暗号通貨を利用できるよう整備を進めている段階です。

多くの人実際に利用してもらい、利便性や安全性を体感することができれば、おのずとユーザーも増え知名度も上がるので相乗効果が期待できますね!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す