暗号通貨取引所の「みなし業者」は危険なのか?15業者を一覧

こんにちは、阿部です。

2017年4月に施行された改正資金決済法により、

取引所は「登録制」となりました。

 

しかし、必ずしもすべての取引所が

登録済みというわけではありません。

例外となっているのが「みなし業者」です。

 

今回は、

みなし業者で取引するのは危険なのか?

登録済みの取引所とどのような点が違うのか?

という部分に触れながら、

国内に15社あるみなし業者を一覧で紹介したいと思います。

 

また、(あくまで個人的に)

安全性が高いと考えている取引所についても、

最後にご紹介します。

それでは、詳しくみていきましょう!

 

コインチェックの流出事件で問われる安全性

 

これまで、

取引所が「みなし業者」かどうかについて

深い関心が寄せられることは多くありませんでした。

 

その流れを変えたのは

コインチェックネム流出事件」です。

 

暗号通貨ネムを580億円分流出させたコインチェックが

みなし業者」であったことから、

みなし業者は危険なのではないか?」と

多くの方が警戒するようになりました。

 

結論として、

みなし業者だからと必ず危険というわけではありませんし、

さらに、国が定める「仮想通貨交換業者」だから(みなし業者ではないから)安全だ

という考え方もとても危険です。

 

しかし、取引所を選ぶ際、

みなし業者かどうか」を見て絞り込んでいく方法は、

安全な取引所を選ぶ上で、「一定の効果」はあると思います。

 

みなし業者って何?

 

2017年4月に施行された改正資金決済法により、

取引所は「登録制」となり、

国の定める基準に満たない業者は

新規に営業できないことになりました。

 

しかし、2017年4月以前から

営業していた取引所については、

仮想通貨交換業者の申請さえおこなっていれば、

審査に通っていなくても

例外的に営業し続けることが可能となります。

これが「みなし業者」です。

 

2017年4月以降から取引所を始めた場合、

仮想通貨交換業者の申請に通らなければ

取引所を始められないため、

「みなし業者」は、

国が定める基準に満たない可能性がありながら、営業を認められた唯一の存在

ということになります。

 

みなし業者15社の一覧まとめ

 

以下、「みなし業者」とされる取引所15社を列挙します。

  • みんなのビットコイン
  • Payward Japan
  • バイクリメンツ
  • CAMPFIRE
  • 東京ゲートウェイ
  • LastRoots
  • deBit
  • エターナルリンク
  • FSHO
  • 来夢
  • ビットステーション
  • ブルードリームジャパン
  • ミスターエクスチェンジ
  • BMEX
  • bitExpress

 

取引所は国が定める「仮想通貨交換業者」から選ぶ

 

これから取引所を選ぶ方は、

「みなし業者」ではなく、

国が定める基準を満たした

仮想通貨交換業者」から

選択肢に入れていくとよいでしょう。

 

上述のとおり、

「仮想通貨交換業者」だからといって

必ずしも安全性が確保されているわけではありませんが、

それでも安全性を保つ一定の効果はあります。

 

たとえば、

「仮想通貨交換業者」に認定されるためには、

  • 資本金の額が1,000万円以上であること
  • 純資産額が負の値でないこと

などを公認会計士などが監査することが

義務化されています。

 

また、利用者財産の分別管理義務

(「会社資本」と「ユーザー資産」を分離して保管する義務)

など果たしていることも求められます。

 

「bitFlyer」と「Zaif」が国内二強

 

国が定める「仮想通貨交換業者」も万全ではなく、

登録後に財務状況が悪化して倒産してしまったり、

不祥事が発覚してユーザーの資産が脅かされてしまったり

というリスクをゼロにすることはできません。

 

そこで、なるべく経営が安定しており、

多くのユーザーが利用している大手取引所

選ぶことをオススメします。

 

初心者の方が登録して失敗しない取引所は、

定番の

  • bitFlyer(ビットフライヤー)
  • Zaif(ザイフ)

に加え、セキュリティに定評のある

  • bitbank(ビットバンク)

の3つです。

どれもハズレがなく、オススメの取引所です。

 

bitFlyerの申込はこちら

Zaifの申込はこちら

bitbankの申込はこちら

 

今回は、取引所における「みなし業者」と

その安全性について、個人的な見解をご紹介しました。

 

ただ今、阿部悠人LINEアカウントでは、

暗号通貨情報のサポートなどをおこなっております。

ご興味のある方は、ぜひ友達登録してみてください!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す