Facebookが暗号通貨の「広告」をついに解禁!ただし条件付き

こんにちは、阿部です。

暗号通貨関連の「広告」をSNSでご覧になったことのある方はいますか?実は暗号通貨関連の広告は、詐欺行為を目的とするため出稿されていることも多く、問題となっていました。

そんな状況を受けてFacebookは2018年1月、

  • 暗号通貨
  • ICO
  • バイナリーオプション

といったグレーな広告が横行しやすい分野の広告出稿を全面的に禁止しました。

暗号通貨市場もこれを受けて下落基調が強まるなど、Facebookの広告禁止は市場にとってもネガティブ要因となっています。

しかし2018年6月26日、Facebookはついに暗号通貨の広告を「解禁」する方針を発表

この新たなニュースについて、詳しくみていきましょう。

Facebookが他社SNSに先んじて暗号通貨広告を解禁

Facebookは2018年6月26日、暗号通貨関連の広告を、条件付きで解禁することを発表しました。

これまでFacebookでは上述のように、「暗号通貨」「ICO」「バイナリーオプション」といった分野の広告出稿を禁止していましたが、そのうち「暗号通貨」については解禁。

つまり「ICO」と「バイナリーオプション」については、まだ解禁は先延ばしとなりそうです。

そもそも、Facebookの「広告」とはどのようなものなのでしょうか。

FacebookなどのSNSは、ユーザーは無料で利用することができます。代わりにFacebookは、広告をユーザーに見せることで、広告主から収益を得ています

広告主は、Facebookという「場所」を借りて自社の商品を宣伝する代わりに、Facebookに掲載料を支払っているのですね。

さて、Facebookは暗号通貨の広告を「条件付き」で解禁しますが、その条件とはどのようなものでしょうか?

これはポリシーに明記されており、具体的には事前に「申請書」を提出したのち、Facebookが広告掲載にあたって問題がないかを審査し、通過したものだけが掲載される仕組みです。

Facebookによる暗号通貨規制は完全にリセットされてはいませんが、少なくとも悪い方向から反転し、よい方向へと向かっていることは間違いないですね。

ICOとバイナリーオプションの広告は引き続き禁止

ただし、上述のように、ICOとバイナリーオプションの広告については、引き続き禁止されます。

Facebookはこれまで、

  • 暗号通貨
  • ICO
  • バイナリーオプション

の主に3つの投資関連広告を禁止していますが、なぜ「暗号通貨」だけが解禁されているのでしょうか?

あくまで個人的な予測となりますが、やはり「暗号通貨」と「ICO」を比較した場合、ICO関連のほうでより詐欺に近い行為が横行している背景があるからでしょう。

ICOは「資金調達の手段」という側面に加え、「明確な発行者が存在する」という特徴があります。

そのため、「価値のない詐欺コインに投資させる」といった行為が可能となります。

Facebookも「バイナリーオプションやICOの広告は引き続き禁止します」と明記しており、暗号通貨関連広告が完全に受け入れられるのはもう少し先の話になりそうです。

GoogleやTwitterの暗号通貨広告は今後どうなる?

なぜFacebookでの広告掲載の解禁が重要なニュースといえるのでしょうか?暗号通貨が普及していくためには暗号通貨が世の中に「露出」していく必要があります

Facebookは利用者も多く、SNSは暗号通貨にとって絶好のアピールポイントなので、禁止されるのは痛手です。

また広告が禁止されている状態は「暗号通貨=詐欺」という間違った認識を生みかねないので、広告解禁はポジティブ要因ととらえるこができ、価格にも好影響を与えます。

同じ意味で今後は、現在暗号通貨関連の広告を禁止しているTwitterとGoogleの動向にも注目したいところ。

ぜひFacebookの後に続いて、暗号通貨フレンドリーな判断がなされることを期待しましょう!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す