【18年6月】ビットコイン暴落理由の1つ「利上げ」―FOMCとは?

こんにちは、阿部です。

先日、FRBの会議であるFOMCが開催され、米ドルの「利上げ」が決定しました

一方、ビットコイン市場は下落中です。

この「利上げ」と「暗号通貨市場の下落」は実は無関係ではありません。

基本的には、

  • 利上げ=ビットコイン下落
  • 利下げ=ビットコイン上昇

という方程式があります。

今後の分析にも役立ちますので、今回改めて、詳しく解説していきます!

米ドルの「利上げ」がFOMCで決定

FRB(米連邦準備理事会)は、FOMC(連邦公開市場委員会)で米ドルの金利を引き上げることを2018年6月13日、決定しました。

FRBとは?

FRB(米連邦準備理事会)は、日本でいえば日本銀行(日銀)に当たる金融政策の中核となる機関です。

アメリカ国内における決定を行いますが、世界経済を牽引しているというアメリカの立場上、その動向は世界中が注目しています

そして実際、世界中の景気や、金融の相場に影響します。

FOMCとは?

会議FOMC(連邦公開市場委員会)は、上記のFRBが開く会議です。

FRBの議長、副議長、理事が利上げ、利下げなどの方針を話し合って決定します

日本でいえば、日銀金融政策決定会合に当たります

なぜ「利上げ=ビットコイン下落」なのか?

上述したように、米ドルの利上げがビットコイン価格下落に繋がるケースがよくあります。

それはいったいなぜなのでしょうか?簡単にいえば、米ドルが利上げされると、「米ドルをほしい」と思う人が増え、その結果ビットコインなどの暗号通貨が売られるからです。

利上げは米ドル保有の理由となる

そもそも金利は、その通貨を持っていることで得られる「利息」のような働きをしています。

つまり、米ドルの利上げは「米ドルを持っているだけでもらえる利息が増える」といったイメージです。

そのため、米ドルに限らず、利上げを実行した国の通貨は買われるようになります。

このため、ビットコインを売って米ドルを買おうという動きが増えてくるわけですね。

アメリカを中心にこうした動きが盛んになっていると思われますが、アメリカはビットコイン売買が盛んな国の1つなので、世界の暗号通貨市場に影響が現れているのではないかと思います。

利上げはすでに有力視されていた

利上げは、2018年6月13日に決定されたと上述しましたが、実はそれ以前にも「利上げはほぼ確定」と言われていました。

重要な決定となりますので、事前に予測が公開されているのですね。

そのため、利上げはビットコイン下落と無関係では?(悪材料織り込み済みでは?)と考える方もいるでしょう。

とはいえ、実際に利上げが決定されるのはFRBのFOMCが行われてからです。

ビットコインや暗号通貨の投資家が、利上げ決定を見て「やっぱりか…」と再確認して売るという動きはあるでしょう。

必ずしも「利上げ=ビットコイン下落」とはならない

ただし注意したいのは、

  • 利上げ=ビットコイン下落
  • 利下げ=ビットコイン上昇

の傾向も、絶対ではありません。

ビットコインにそれ以上の好材料があれば、やはり買われますし、それ以上の悪材料があればやはり売られるのです。

これらは利上げ以外の材料にもいえることですが、1つの材料だけをみて価格を予測するのは危険です。

世の中にはいろいろな材料がありますので、それらを総合して判断していくことが大切です。

暗号通貨だけではなく「世界経済」にも注目しよう!

暗号通貨価格は数年前まで、「暗号通貨の将来性」というただ1点を見て推移している傾向にありました。

しかし近年では、暗号通貨は株式などと並んで世界的な資産クラスの1つとして見なされるようになっています。

実際に暗号通貨は、大企業のシステムとして採用されるようにもなってきました。

そのため、暗号通貨と世界経済の関係についても意識していきたいところ。そうすると、より中立的に価格を予測をできるようになります。

今回は、FRBのFOMCについてや、そこで発表された利上げの影響についてご紹介しました!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す