ゲームをするだけで資産家になれる?

こんにちは、阿部です。

 

今日は「GameCredits(GAME)」が

前日比10.93%と堅い伸びを見せています。

 

開発しているアプリの

アップデートが公式動画で

発表されたことが影響したようです。

 

 

様々なゲームで使いまわせる共通通貨!

 

 

GAMEと名付けられている通り

このコインはゲーム業界を

狙ったプロジェクトです。

 

開発陣もブロックチェーンとゲームの専門家で構成されており、

オンラインゲームのプラットフォームとして

利用者にもゲーム開発者にも

低コストで利用しやすいゲーム環境を

提供するものになっています。

  

これまでは、ゲーム内で得たお金は

そのゲームだけしか使えないものでした。

ですから、稼いだ分はそのゲームで

使い切るしかありませんでした。

 

ですが、ゲームクレジットが

導入されているゲーム同士であれば

通貨を使いまわすことができます。

 

「1つのゲームで稼いだお金で、

別のゲームの武器を買う」

というような動きができるわけです。

 

ゲーマーにとっては

ゲームが進めやすくなり、

まさに御の字ですよね。

 

有名なものだと『ファイナルファンタジー』や

『バイオハザード』などもGAMEを採用し

話題になっています。

 

 

課金システムが不要になり、より快適なゲーム内容に

 

 

また、ゲーム開発者にとっても

大きなメリットがあります。

 

最近はハードの性能が上がり、

ゲーム開発にやたらとお金・時間が

かかるようになってしまいました。

 

そのため、

ゲームの内容だけでなく、

資金集めにも力を入れる必要があります。

 

たとえば、ゲーム内の課金広告などですね。

 

快適に本来のゲームを楽しんで欲しい開発者にとっても

プレイを邪魔する課金用広告を出さなければいけないのは

辛い気持ちがあったのです。

 

それがゲームクレジットのプラットフォームを利用すると

 

・ゲーム開発のシステムが構築済み

GooglePlayなど仲介手数料を払わなくて済む

・課金制限が無くなる

 

といった利点があるため、開発コストや時間を大幅に削減できます。

 

何よりゲームの世界観を壊さずに、

本当に面白いゲームを制作することに集中できますから、

ゲーム開発者にとってもありがたい機能です。

 

 

ゲームをしている方が儲かるかもしれません。

 

 

「なんだ、ゲームの話かよ。」

と思った方もいるかもしれませんが、

ゲーム業界を舐めてはいけません。

 

今やゲームは『e-Sports』として

スポーツの1つに数えられていますし、

賞金100万ドルをかけた大会も開催されています。

 

 

ゲーム業界の市場規模は2016年で約9兆円に達しており、

これからAR(拡張現実)やVR(仮想現実)が発達すれば、

この規模はさらに大きくなると期待されています。 

 

何より、GameCreditsの本当に面白いところは

仮想空間だったはずのゲームのお金と

現実のお金がつながっていることです。

 

ゲーム内で稼いでGAMEが増えれば

それを法定通貨などの別のコインに

換えることができます。

 

ゲームを頑張るうちに

現実世界でも豊かになっている

という(夢のような)構図が現実に。

 

『その辺のアルバイトよりもゲームしてる方が儲かる』

という話になってくるわけです。

 

youtuberのような、

「動画を撮った後の広告収入」

という二次的な利益ではなく、

 

ただひたすらに

ゲームをしているだけで良いのです。

 

”ゲーム資産家”が登場する日も近いかもしれません。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です