資金流入の「56%」が機関投資家に|グレイスケール社のレポートより

 

 

 

こんにちは、阿部です。

最近の暗号通貨業界は、数年前と比較し大きく変化しています

下落相場に突入している」という意味ではありません。

個人投資家に対して、「機関投資家」による投資が活発化しているのです

資本家に資産運用を託される投資のプロを「機関投資家」と言います。

彼ら「機関投資家」の資本が暗号通貨に流れてきている――。

これはいったい何を意味するのでしょうか?

今回は、機関投資家にまつわる興味深いポイントをいくつかご紹介します。

機関投資家は、非常に戦略的です。

僕たち個人投資家も、彼らから学ぶところがありますよ!

詳しくみていきましょう。

 

機関投資家の資金流入が56%にのぼる!

仮想通貨ファンド企業の1つに、「グレイスケール」という会社があります。

そんなグレイスケール社が、販売しているファンド(資産運用商品)についてのレポートを公表しています。

その内容が、とても興味深い内容です。

同社は、2018年1~6月のファンドへの流入額を計算しました。

その結果、なんと56%が機関投資家による購入でした。(合計2億4889万ドルを販売し、そのうちの56%が機関投資家に該当)

合計2億4889万ドル、日本円にして約280億円。

ちなみにこの金額は、グレイスケール社の流入額としては過去最高となったようです。

 

機関投資家の購入が「加速度的」に増加中

さらに今年1~6月にかけて、驚くべきもう1つの傾向があります。

下図をご覧ください。

同じく、グレイスケール社のファンドへの流入額です。

https://grayscale.co/digital-asset-investment-report/

このように、たったの6ヶ月で右肩上がりに資金流入が増加しています。

図の左側(2018年1月)は、暗号通貨相場がピーク価格だったときです。

そして右側(2018年6月)にいくにつれて、暗号通貨市場は下落していきました

これは主に、個人投資家が下落に耐えられず、暗号通貨を売却したことによるものです。

しかしながら、機関投資家の行動はまったく逆でした

投資を控えるどころか、押し目買いを加速させ、安いところを拾っているのです。

このまま、この傾向が続けばどうなるでしょうか?

2018年後半も機関投資家は、加速度的に投資額を増加させるでしょう。

そうすると2017年後半のような上昇相場がやってくる可能性もあります。

もちろん、投資の相場には、いろいろな材料があります。

必ずしも相場が上昇すると断言することは誰にもできません。

しかし、機関投資家による買い圧力は強力です。

数ヶ月で、一気に高値まで持って行かれ、乗り遅れる可能性もあります。

そうなった場合でも、利益をしっかりと拾えるように準備しておく必要があるでしょう。

 

「個人投資家」と「機関投資家」の戦略の違い

どちらかというと、個人投資家よりも機関投資家の動向に注目すべきです

機関投資家は「資金額が多い」ので、値動きへの影響力も大きいからです。

しかし、「テクニック」に注目した場合も、多くの場合は個人投資家よりも上手です。

では、具体的どこが個人投資家よりも上手なのか

個人的な見解をいうと、個人投資家は「感情」で投資しているのに対し、機関投資家は「確率」で行動しているという点が異なります

たとえば多くの個人投資家は、2018年からの下落相場に耐えきれず、安値で資産を手放してしまいました。

しかもそれは、相場を徹底的に分析した結果というより「感情」による判断といえます。

そして今、個人投資家が安値で手放すことによって、さらに下落が進んだ仮想通貨を「機関投資家」が拾い集めています

この行動の違いが、個人投資家と機関投資家の最大の違いといえるでしょう。

結論としてはやはり投資は「感情」では勝てないということですね。

僕たち個人投資家も、徹底して感情を排除し「確率」で考える必要があります

今回は、最新の動向として、資産流入の56%を機関投資家が占めるとするグレイスケール社のレポートをご紹介しました!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です