結局ハードウォレットは必要?高セキュリティだが、デメリットも

 

こんにちは、阿部です。

今、ハードウォレットがジワジワと盛り上がっています。

通常のウォレットよりもセキュリティが高いとのことで、

買わなくてはいけないものだと思っているかもしれません。

 

しかし結論として、

買うべきか買わざるべきかはケースバイケース。

今回は、どういう人がハードウォレットを必要とするのか

商品のメリットとデメリットから考えていきましょう!

 

ハードウォレットの便利さって?

 

ハードウォレットが商品化され売られているのは

それを使うことで何か便利なことがあるということです。

ハードウォレットはさまざまな特徴を備えており、

ハードウォレットでなければできないこともあります。

 

その1つは、暗号通貨を「強制的」にネットから切断しながら保管すること。

暗号通貨(正確には秘密鍵ですね)の保管は、ネット上よりも

ネットから切断されたオフライン状態のほうが安全性が高くなります。

 

コインチェック流出事件も、

ネット上に暗号通貨を保管していたことが発生の1つの原因です)

 

暗号通貨の秘密鍵流出はほぼネット経由なので、

そこを遮断するハードウォレットは合理的なのです。

 

とはいえ、インターネットから隔離して暗号通貨を保管する方法は

ハードウォレット以外にもあります。

たとえば、スマートフォン上(のオフライン環境)

で保管できるウォレットも存在します。

 

これらは大まかにはハードウォレットと同じように

高いセキュリティを確保する働きをしてくれます。

 

ただし、そのパソコンやスマートフォンは

ネットに接続しないようにする必要がありますし

(接続した場合、ハードウォレットよりセキュリティは低くなります)

また専用ツールではないため、サイズも無駄に大きくて扱いづらいのです。

 

結果、ハードウォレットの「小さくて安全」というメリットが光ります。

 

ハードウォレットに向いていない人も

 

ここまでメリットについてご紹介してきましたが、

ハードウォレットにはデメリットも多いと個人的に感じています。

ハードウォレットは使い方によって、かなり「怖い面」もあるからです。

 

「本当にハードウォレットが必要なのか?」「自分に向いているのか?」

をよく考えてから利用しましょう。

たとえばハードウォレットには、以下のような「怖い面」があります。

 

【日本語の説明が少ない】

ハードウォレットの多くは外国製で、日本語の情報は多くありません。

たとえばトラブル発生時「これってどうすれば?」という状況で、

ネット上の情報が少なくて困ることがあります。

 

そんなとき自分自身で、あの手この手を使って解決する必要があります。

「デジタルよりもアナログ派」という方は少し注意が必要かもしれませんね。

 

【ハードウォレットにウイルス?】

ハードウォレットは、信頼できるメーカーの新品を使いましょう。

中古品や、正規ではないルート、ネットオークションなどのハードウォレットは、

ウイルスなどが仕込まれている可能性もあります。

 

Ledger NanoSやTREZORなどの信頼できるハードウォレットを、

正規代理店ルートから買うことを強くオススメします。

 

【パスワードを忘れると取り出せなくなる】

個人的には、これがもっとも大きなリスクだと感じています。

たった1回の致命的なミスにより暗号通貨が取り出せなくなる可能性があります。

 

ハードウォレットに保管しておく暗号通貨を使うときは

パスワードが必要となりますが、

このフレーズをメモしていない、もしくは間違えてメモしてしまうなどで

暗号通貨を取り出せなくなると、もはやどうしようもありません。

 

こういうデメリットを理解してから

ハードウォレットを使うようにしましょう。

 

ハードウォレットの代表的な種類

 

購入するハードウォレットを選ぶ場合、よく分からない商品を避け、

なるべく名が通っている安心感の高いものを選択しましょう。

体表的なのは、以下の3種類のハードウォレットです。

 

LedgerNanoS

もっとも人気のあるハードウォレットといってよいでしょう。

1万円程度で購入できます。

ビットコイン、イーサリアム、リップル、ライトコインなど

10種類以上に対応する汎用性の高さがメリットです。

「迷ったらこれ!」といえる定番のハードウォレットです。

 

TREZOR

LedgerNanoSとよく比較されることの多いハードウォレットです。

こちらも有名なハードウォレットだけあり、

利用者も多いためネット上の情報も比較的豊富です。

 

1万円程度で購入できますが、対応する暗号通貨は5種類程度と少なめです。

 

KeepKey

最後にご紹介するこちらのハードウォレットは、

パソコン専用アプリの使い勝手がよいと好評です。

 

1万円程度から買うことが可能。

対応する暗号通貨は6種類程度となっているため、買うなら

ご自身の保有する暗号通貨を確認しておきましょう。

 

ハードウォレット=高セキュリティ

 

ハードウォレットのメリットやデメリットについてご紹介してきました。

結論としてハードウォレットとは、

多少の手間は惜しまない!最高のセキュリティを!

という人こそピッタリの商品といえるでしょう。

 

投資額が少ない、もしくはうまく扱える自信のない方は、

通常のパソコン・スマートフォンのウォレットでも十分だと思います。

ハードウォレットを検討している方の参考になれば幸いです。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す