果たして何本の橋がかかるか?圧倒的な互換性を目指す「Hshare(HSR)」

こんにちは、阿部です。 

 

Hshare/Hcash(HSR)が

堅い伸びをしています。

 

進捗状況や今後の計画に関する報告が

発表され、好材料となりました。

 

先日は日本でもイベントが開催され

大変反響が有り、

じわじわと存在感が出てきています。

 

このプロジェクトは

非常にスケールの大きいことを

やろうとしているのですが、

 

いったい何をしようと

しているのでしょうか・・・?

  

 

異なるブロックチェーンをつなげる巨大プロジェクト

 

 

取引所ではHshareと表記されていますが、

将来的にはHshareから、

Hcashに変わる予定です。

 

公式サイトでもHcashとなっており、

開発チームも同様に呼んでいますので

今日の紹介についても

現在開発中のHcashの説明になります。

 

Hcashの特徴を端的に言うと、

「圧倒的な互換性」です。

 

言い換えれば

「異なるブロックチェーン同士を

結びつけるプラットフォーム」

を目指しているのです。

 

現在、非常に多くの暗号通貨が

開発され、流通しています。

 

プロジェクトもシステムも

多様化していったのですが、

それに伴いある問題が出てきました。

 

それは、

「同じシステムを採用したもの同士でしか

やり取りできない」ことです。

 

プロジェクトごとに

ブロックチェーンの構造が微妙に異なりますし、

 

IOTAやByteballなど

ブロックチェーンとも異なる技術を

採用しているところもあります。 

 

そこでHcashでは

ブロックチェーン技術に互換性を持たせることで

強固かつ順応性の高い通貨を

作り出そうとしているのです。

 

 

はるかにスケールの大きい互換性

 

 

互換性を目指すプロジェクトは

他にもいくつかあるのですが、

 

Hcashの場合は、

他の非じゃないスケールであることが

大きな特徴です。

 

様々な暗号通貨の機能を

これでもかと詰め込んでいて、

現時点でも以下の機能があります。

 

<Decred>

・DoWとDoSのハイブリッドコンセンサスシステム

 

<IOTA/Byteball>

・DAG(Directed acyclic graph)

有向非循環グラフ

 

<Zcash>

・ZKP(Zero Knowledge Proof)

ゼロ知識証明

 

<DAO>

・DAC(Decentralized Autonomous Corporation)

 

他の暗号通貨が持っている機能を

併せ持つことで

それらを採用している通貨と

結びつけるようになります。

 

上の機能以外にも

今後さらにアップデートされる計画です。

 

橋を1本どころではなく

4本、それ以上に

かけようとしているわけです。

 

   

 

世界の暗号通貨に橋がかかるか

 

 

「様々なブロックチェーンがつながるかも。」

という大規模な展望は、

多くの人に注目されています。

 

一方で、大きすぎるスケールに

やや不安がる人がいるのも事実です。

 

例えるなら国境を越えて

世界中を道路でつなげようと

しているようなものですから、

 

「実現できれば凄いけど、

本当にそんなことができるのか?」

というツッコミがあるのも無理はありません。

 

ただ、実現すれば

ブロックチェーンの可能性を

さらに広げますから、

 

実際に何本の橋をかけられるか?

巨大なポテンシャルを秘めた

一大プロジェクトに期待しましょう。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です