ICOとクラウドファンディングって何が違うの?比較してみた

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨版クラウドファンディングといえるICOは、

投資額の10~20倍以上のリターンを期待できます。

 

2017年はICOが盛り上がったことから、

2018年からご自身でも投資してみよう

と考えている方も多いのではないでしょうか?

 

ICOを調べてみると

資金調達」の手法の1つだと説明されています。

では、同じく資金調達の1つである

クラウドファンディング」との違いはどこにあるのでしょうか?

 

今回は、ICOとクラウドファンディングの違いと、

それぞれの特徴について触れていきたいと思います。

 

ICOもクラウドファンディングも「資金調達」の1つ

 

ICOとクラウドファンディングの2つが

比べられることが多いのは、

両方とも「資金調達」を目的としているからです。

 

資金調達とは、文字通りお金を調達すること。

企業などが新たなビジネスを始める際には、

ビジョン(どんなことで収益をあげるかというアイデア)資金(設備投資など)

の2つが揃っている必要がありますよね。

 

しかし、ビジョンはあってもお金がないケースもあります。

こんなとき、投資家などお金のある人から

出資してもらいビジネスの元手とするのが資金調達です。

 

ICOとは、暗号通貨を使った資金調達

 

一昔前まで、資金調達といえば銀行融資がメインでした。

(大企業であれば株式や社債を発行して

投資家に購入してもらい資金を集める方法もありますね)

 

もちろん、現在でもこれらの資金調達は行われていますが、

近年、一気に盛り上がりを見せているのが

暗号通貨を使った資金調達、ICOです。

 

ICOの特徴は、投資するとトークン(暗号通貨)がもらえるということ。

トークンは、投資をおこなった見返りに得られる

権利」を表すものといえるでしょう。

 

たとえば、株に投資することで得られる配当金などの「権利」は

株式によって象徴されていますよね。

(株を持っていることで、その会社の配当金をもらう権利が生まれます)

 

ICOでも同じ。

投資の条件によって決められた「権利」が「暗号通貨」(トークン)を

持っていることで証明されるのです。

 

さらに、そのトークンを取引所などでやりとりすることで

「権利」を買ったり売ったりできるというのがICOの特徴です。

(投資家にとっては、このような売買こそが本当の目的です)

 

つまり、ICOの本質を一言でいえば

「権利」(=価値)であるコインがもらえる代わりに

資金調達に協力することだといえるでしょう。

 

以下、ICOの特徴をまとめました。

  • 暗号通貨(トークン)を売買できる
  • 投資で得られる「権利」が「暗号通貨」(トークン)で表されている
  • 投資は日本円ではなく、イーサリアムなど暗号通貨でおこなう

 

クラウドファンディングとは、ネットを使った資金調達

 

続いて、クラウドファンディングについても見ていきましょう。

クラウドファンディングと一言にいっても、

ファンへの任意の「寄付」の意味合いの強いものから、

「投資」や「融資」などになり得るものまであります。

ここでは、ICOとの比較ということで

後者について考えていきたいと思います。

 

クラウドファンディングもICOと同じく

資金調達を目的としていますが、

大きな違いは日本円などの法定通貨での投資となることです。

 

また、ICOのように「権利」の象徴を

トークンで売買するような習慣はありません。

したがって、投資を「する」か「しない」かの2択であり、

それを他人に「売る」という第3の選択肢は原則としてありません。

 

つまりクラウドファンディングを簡単にいえば、

約束を取り決めてお金を取引するというアナログなことを、

インターネット空間でやるということです。

 

(ただし、クラウドファンディングという言葉の定義はかなり広く

上述のとおりではないケースも多くあります。

たとえば、ビットコインでのクラウドファンディングも存在します)

 

以下、クラウドファンディングの特徴です。

  • 投資をすることでサービスや特典、利回りなどを得ることができる
  • 投資は原則として日本円(法定通貨)でおこなわれる
  • 投資することで得た「権利」を売買する習慣はない

 

ICOは次世代のクラウドファンディング?

 

ここまで、ICOとクラウドファンディングの違いについて、

投資家目線から解説してきました。

 

上述のとおり、クラウドファンディングには

日本円でおこなうことができるメリットもありますが、

それを除くとICOの自由度の高さが目立ちます。

 

寄付の意味合いが強いクラウドファンディングは別とし、

価値のある「権利」に投資するのであれば

自由に売買できたほうが便利ですよね。

近年になりICOが注目されているのは、このような理由があるのです。

 

ICOもしくはクラウドファンディングの

利用を検討している方は、当記事をぜひ参考にしてみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です