【2018年】コダックコイン(KODAKCoin)のICOの詳細とは?

こんにちは、阿部です。

アメリカの有名写真フィルムメーカーのイーストマン・コダックが2018年1月9日、

独自の暗号通貨「コダックコイン」のICOを発表しました。

 

まだまだ情報が少ないコダックコインとは、

一体どのような暗号通貨なのでしょうか?

最近少し勢いが足りない暗号通貨市場ですが、ICO案件はフレッシュなままです!

 

「コダックコイン」はどんな通貨?

 

コダックコインとは、いったいどのような暗号通貨なのでしょうか?

コダックコインの発行するイーストマン・コダックは、

一昔前、写真フィルムメーカーとして高いシェアを誇った有名企業です。

 

デジタルカメラが普及する以前は、写真といえば100%フィルム。

皆さんのお宅にも、コダックで撮影した写真があるかもしれませんね。

 

コダック社とは?

 

発行体の信頼性もICOの大切なポイントなので、

コダックについてもう少し詳しく紹介したいと思います。

 

イーストマン・コダックが写真フィルムメーカーとして有名だったことを上述しましたが、

どれくらい有名だったかというと、

日本の富士フイルムとシェアを二分しており、

富士フイルムが簡単に手に入る日本ですら、

コダックのフィルムが大量に流通しているような状態でした。

 

しかし、しばらくするとデジタルカメラや携帯電話のカメラ機能が普及し、

写真フィルムは衰退してしまいましたよね。

当然、フィルム会社は苦戦を強いられるようになり、

富士フイルムは事業内容を見直して再生しましたが、

残念ながらイーストマン・コダックは2012年に破綻してしまいました。

しかし、同社は2013年、法人向け商業印刷で立て直しを図り、現在まで至っています。

 

コダックコインとはどんなものか?

 

 

そんなイーストマン・コダックが新たに発行することが明らかになった

コダックコイン

の詳細も見ていきましょう。

 

実はまだまだ情報が少なく、お伝えできることもあまりないのですが、

明らかになっていることとして、

画像の権利を管理するブロックチェーン上のデータベース」(コダックワン

をコダックが開発し、

そのデータベース上でやり取りする暗号通貨として

「コダックコイン」が利用されるとのこと。

 

実際の利用シーンとしては、画像を売りたい写真家とそれを購入したい人が、

システム(コダックワン)で画像などを売買する、といったイメージですね。

非常にビジョンが明確なICO案件であることがここから伺えます。

 

コダックコインは健全なICOと評価できそう

 

ICOの中には、ビジョンが明確ではなかったり、

これ、本当に実現するのか?」と首をかしげるような案件も目立ちます。

 

そんな中、コダックのICO案件は、かなり説得力があります。

あのコダックが、写真のために暗号通貨を利用する。しかもプランも明確です。

市場全体の健全化が一歩進むような、嬉しいニュースと受け止めてよいでしょう。

 

まだまだブロックチェーンには未知の可能性があり、大成功するICOがこれからも出てくると思います。

既存のコインが振るわないときは、ICO案件に目を向ける転換も必要ですね。

 

日本人ならICOにも詳しくなるメリット大

 

 

ICOはもう儲からない」というイメージを持っている方も多いかもしれません。

しかし、一概にそうとはいえません。

もちろん、詳しいリサーチは必須であり、それを怠って資金を投じる行為は大変危険です。

しかし、個人的には、投資の選択肢からICOを外してしまうのは

もったいないと考えています。

 

コダックコインを発表後、イーストマン・コダックの株は約3ドル強から、約10ドル強(約3倍!)まで上昇しました。

こういったパワーのある案件に出会うチャンスもICOの魅力といえるでしょう。

幸い、国内でICOが規制される気配はなく、

 

麻生太郎財務・金融相も「何でもかんでも規制すればいいとは思わない」と述べています。

日本人がICOを勉強していく価値は、今後もありそうですね。

 

今回は、これから注目されるであろう「コダックコイン」について解説しました。

現在、阿部悠人の公式アカウントでは、暗号通貨情報のサポートを行っています。

少しでも興味のある方は、お気軽に友達登録してみてください!

 

 

阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です