ICOは「中小企業」や「個人」の味方!—カリフォルニア州の事例から

 

こんにちは、阿部です。

 

強い規制がかけられようとしているICOの現状とは反対に、

ICOのメリットを享受しようという動きが広まっています。

 

アメリカのカリフォルニア州バークレー市では、

「地方債」の発行にICOを利用しようという動きがあります。

一体どのようなことなのでしょうか?

 

また、上記のバークレー市に限らず、

効率的に資金調達をおこなうことが困難な個人や企業にとって

ICOが新たな期待となっています

 

これらについて、

個人的な考察を交えながら現状を解説したいと思います。

 

ICOで地方債を発行?

 

2018年5月1日、アメリカのカリフォルニア州バークレー市では、

地方債」の発行について、

暗号通貨の技術を利用するプログラムを検討する」方針となりました。

 

これは言い換えれば、

地方債に「ICO」の仕組みを取り入れるということです。

 

(ブルームバーグの報道では、

「ブロックチェーン技術を利用して地方債を発行する」

というニュアンスでしたが、

地方債は資金調達のために発行されるものであり、

つまりICOと同じ仕組みを指していると考えて間違いないはずです)

 

これはあくまで「カリフォルニア州バークレー市による地方債発行」であり、

企業によるICOではありません。

「地方自治体」そのものがICOを実施する、という驚きのニュースなのです。

 

ICOは「個人」や「中小企業」の味方?

 

上述のバークレー市のケースをよく考えてみると、

バークレー市は、最終的に従来の形で地方債を発行するよりも、

ICOに置き換えた方がさまざまな点で有利だと考えたことになります。

ですが、それはなぜでしょうか?

 

もしバークレー市の地方債がもっとメジャーな存在だったなら、

つまり多くの投資家に保有されていて、

流動性(出来高)があったなら

地方債をICOに置き換える理由はなかったでしょう。

(それでも一定の恩恵はあると思いますが)

 

バークレー市がトークンを利用する最大の理由は、

バークレー市の地方債がマイナーな存在だからだと考えられます。

つまり、資金が集まりにくいので、利率を上げざるを得ないのです。

 

また、返済不要という形やトークン保有者には

お金の代わりに様々なサービスや特典を付けることができる

といった点も魅力的です。

 

これが株式や債権ではなく、ICOという形式を採用する

メリットになります。

 

だれでも上場企業になれる時代?

 

たとえば、ICOは資金調達の手段として高く評価されていますよね。

その理由は、どんなに小さな企業でも、個人でも、

資金調達を広く呼びかけることができるからです。

これは当たり前のようで、当たり前ではないのです。

 

たとえば通常、資金調達を行いたい場合

IPO(新規公開株)という手段を企業は選びます。

 

しかしこれをおこなうためには、売上や条件など、

非常に高いハードルをクリアして

東京証券取引所などに上場する必要があるのです

 

これでは、ほとんどの企業や人々にとっては、

資金調達は大変難しいでしょう。

ほかにも融資という手もありますが、新しいイノベーションを

銀行が理解してくれるかどうかは難しいところです。

 

一方、ICOであれば、

トークンを発行した瞬間に

全世界から資金を集められるのです。

 

(ただし、集まるかどうかは別)

 

これが上述のようなマイナーな地方債を

ICOに置き換えるメリットといえるでしょう。

 

ICOは次世代の必須ビジネススキル?

 

現在の時代の流れを追っていくと、

ICOについて知識は次世代の必須ビジネススキルとなりそうですね。

 

これまでは、資金調達は大企業の特権のようなものでした。

過去のように、大きな企業だけが資金調達に有利だと、

さらに個人や中小企業との「格差」が大きくなってしまいます

 

しかしICOが一般的になることで、小さな会社や個人にとって、

資金調達の活路が見いだされることになります。

そのためICOは「個人」や「中小企業」の味方なのです。

 

これからさらに、さまざまな人々がICOを利用し、

軽いフットワークでお金のやりとりができれば、

投資家にとっても、企業にとってもメリットは大きいでしょう。

 

これからの投資シーンで利益を出していくためにも、

ぜひICOを勉強していきたいところですね!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です