【ICO入門】初めてのICOの流れ、見つけ方を分かりやすく解説

こんにちは、阿部です。

 

暗号通貨投資を始めてしばらくすると、

さらに大きなリターンを狙える「ICO」へ

興味を持ち始めるのではないでしょうか?

 

ICOには購入方法だったり、専用ウォレットだったりと

難しいイメージがありますが、

何度もおこなっていく内に流れが分かるようになるので、

誰でもスムーズにチャレンジできるようになります。

 

ただし、やはり初めの1回は流れが分かりにくいですし、

本当にこれでいいのだろうか?という不安もあるでしょう。

そこで今回は、ICOの始め方や、売却までの流れについて

初心者にも分かりやすいように解説します。

 

ICOに少しでも興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!

 

ステップ1 参加したいICO用のウォレットを作成する

 

気になっているICOがあると仮定し、

そこからの申込の流れをご紹介します。

ICO案件の見つけ方は、下記で紹介しています)

 

最初にするべきことは、

そのICOのプラットフォーム(暗号通貨)に対応する

ウォレットを開設することです。

 

ほとんどのICOは

Ethereumのプラットフォームを利用しているため、

おそらくEthereum対応のウォレットを作成することになる

ケースが多いのではないかと思います。

 

ただし、EthereumベースのICOでも

まれにその他の暗号通貨で参加できるケースもあるため、

応募条件の確認が必要ですね。

 

ICOの代表的なプラットフォームには

  • Ethereum
  • NEO
  • Litecoin
  • Waves

などがあります。

なかでも、上述のとおりほとんどのICOは

Ethereum上のプラットフォームを使っているため、

「これからICOを始めたい」という方はまず

ICO用のEthereumウォレットを開設しましょう。

 

ステップ2 トークンを受け取れるウォレットから応募する

 

ウォレットの開設が完了したら、

投資したいICOに暗号通貨を送金します。

つまり、これがICOへの応募ですね。

 

決められた応募先のアドレスであることをしっかりと確認し、

ミスのないよう送金しましょう。

 

後日、投資した金額に応じてトークンがウォレットに届きます。

それを確認したら、ひとまず投資は完了です。

 

ただし注意点として、

取引所のウォレットからの送金」は避けるようにしましょう。

多くの場合、送金時に利用したウォレットへ

トークンが送り返されてきますが、

取引所のウォレットではトークンを受け取れないケースがあります。

 

仮に手違いがありトークンを受け取れなかった場合は、

カスタマーサポートにメッセージを送れば、

なんとかしてもらえることが多いです。

 

しかし、ICOは英語でおこなわれることがほとんど。

英語があまり得意ではない方が、

サポートのお世話になってしまうと

多くの時間と労力の無駄になってしまいます。

 

なるべくスムーズに

手続きが進められるように心がけるといいですね。

 

ステップ3 上場後、高値での売却を目指す

 

投資したトークンの受け取りを確認したら、

後は上場を待って売却するのみです。

 

注意点として、すべてのICOが取引所へ上場するわけではなく、

ある程度の規模と見込みのあるトークンが海外の取引所に上場します。

また、上場したとしても

プレセールなどで購入した価格を必ずしも上回るとは限らず

結局損をしてしまうケースもあります。

 

個人的な体感として、

「これは投資すべき!」と感じるICOは1割程度。

その1割を見出したときは大きなリターンが期待できるため、

トータルでプラスの収支を狙っていくイメージですね。

 

ICO案件の見つけ方

 

それでは、ICO案件をどのように見つければよいのでしょうか?

もっとも早く知ることができるのは、

ICOを公募する企業などの公式サイトです。

(もしくは、公式ツイッター)

 

しかし、この方法は見つけにくいのがデメリット。

そこで、ICO案件をまとめているサイト

チェックしていくとよいでしょう。

ICO関連の代表的なサイトとして、下記があります。

 

Crypto Currency Magazine

暗号通貨の有名ニュースサイトです。ICOニュースの欄があり、カレンダーからスケジュールを確認することができます。

 

ICO COUNTDOWN

ICO関連の有名サイトです。公募スタートまであと○日○時間○秒と細かくカウントダウンしてくれます。

 

COIN JINJA

各ICOのデータを日本語で読むことができます。かなり詳細な情報まで確認できるので、役に立つでしょう。

 

今回は、これから初めてICOにチャレンジする方のための

ICOの始め方をご紹介しました。

もちろん、上記がICOの全テクニックではありませんが、

入門編として参考にしてみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です