オンラインインフラを改善!高速で安全なWEBサービスの実現へ「IOStoken(IOST)」

こんにちは、阿部です。

 

今日は「IOStoken(IOST)」が来ましたね。

 

IOSTの目玉である

スケーラビリティに関する詳細が発表され、

また、本日開催のSXSW Crypto Summitに参加し、

そこでサプライズがあるのではとのことで、

期待が高まっております。

 

2018年1月にエアドロップし、

バイナンスにも上場を果たしているIOSTですが

いったいどんなプロジェクトなのか?

確認していきましょう。

 

 

従来のWEBサービスは危なかった

 

 

IOSというのは「Internet of Service」の略で、

オンラインサービス提供者向けの

ブロックチェーンインフラを開発しています。

 

ブロックチェーンを基盤とすることで

安全で効率的なサービスを

始められるようになるのです。

 

これまでのWEBサービスは

企業や団体が作って運営する

中央集権型が普通でした。

 

そして大抵は、

レンタルサーバーを借りて

1つの企業がそこにサービスに関する

すべての情報を集めています。

 

ですが、

これだとクラッキングされた場合に

多くの個人情報などが流出し

大問題に発展する可能性があります。

 

ベネッセや年金機構、ソニー・ピクチャーズなど

過去にいくつもありましたよね。

 

一方で、あらゆる流出を防ごうとすると

セキュリティ費用が大きく掛かるため

運営者にとっては厄介な問題でした。

 

 

ブロックチェーン導入も大きな課題が・・・

 

 

「だったらブロックチェーンを使えばいいじゃないか!」

近年になって多くの人がそう考えたのですが、

うまくはいきませんでした。

 

なぜかというと、

従来のブロックチェーンが持つ「ある弱点」が

WEBサービスにとってネックだったからです。

 

たしかに、ブロックチェーン技術は

安全で管理コストが抑えられる

革新的なモノには違いありません。

 

ですが、「スケーラビリティ(拡張性)」

ここに問題がありました。

 

ビットコインなどのブロックチェーンは、

ブロック(データを保存する箱のようなもの)に

取引内容を記録していく必要があります。

 

1つのブロックに書き込める取引数(ブロックサイズ)と

ブロックが作られる(取引が認められる)時間は

決まっていますから、

 

取引が増えていくほど

動きは鈍くなってしまうのです。

 

たとえば、ビットコインなら

ブロックサイズは1MB

ブロック生成時間は約10分

となっています。

 

この問題を

WEBサービスの提供者は嫌がりました。

 

「購入ボタンを押したのに、

いつまで経っても決済されない」

「いいねや投稿が翌日反映される」

 

なんてことになってしまいますからね。 

 

「革新的なオンラインテクノロジーなのに

オンラインサービスで扱えないのでは意味がない!」

ということでIOSTが発足し、

この問題を解決しようとしているわけです。

  

 

ブロックチェーンがオンラインサービスで

使えるようになってくると

情報管理やセキュリティが大幅に改善されますし

それに関わるコストも削減することが出来ます。

 

また、スケーラビリティの改善をすることで

処理スピードにも問題のないブロックチェーンを

提供できるのです。

 

さらに、設計には主流のプログラミング言語が使えるため

導入のために新しい言語を覚える必要がなく、

開発しやすいというメリットもあります。

 

クラッキング対策がありコストも抑えられる。

おまけに処理も速く、導入しやすい。

とあれば事業者にとってはかなり魅力的ですよね。

 

 

サービス提供者をバックアップするシステム

 

IOSTのもう1つのユニークな特徴が

「PoB(Proof of Believability)」

という独自の承認アルゴリズムを採用していることです。

 

ビットコインなどはPoW(Proof of Work)で

”頑張った人”に恩恵がある仕組みですが

こちらはbelievability(信憑性)ですから

”信頼できる人・信頼される人”に恩恵がある仕組みになっています。

 

・貢献度(どれだけ積極的に使っているか)

・保有残高(どれだけ多く持っているか)

 

これらに加えて

 

・評価

・行動

 

という参加者からの評価も重要視されます。

 

ただ投資するだけではなく、

誠実に利用してくれる優れた人に

権利を与えようというものです。 

 

要するに”サービス精神”を

評価しようとしています。

 

オンラインサービス事業者の

プラットフォームを目指す

IOSTならではのシステムですね。

 

まだ具体的なサービスを展開していないので、

ハッキリとした評価は与えられません。

 

ただ、やろうとしていることは、

これからの時代に絶対必要とされることなので、

期待をもって見守っていきましょう。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す