あなたの通貨は大丈夫?知っておくべき取引所トラブル その1

こんにちは、阿部です。

最近、取引所のトラブルが相次いでいますね。

コインチェックのネム560億円流出は最大のものですが、その他にもいろいろと事件が起きています。

暗号通貨は新しいだけにシステムの整備ができていないことが理由に挙げられます。

とにかく事件の内容については知っておくほうがいいので頻発している取引所のトラブルについてレポートします。

今回はコインチェックのNEM流出事件です。

史上最大の暗号通貨流出事件 犯人は特定できるのか

最近起きた史上最大の暗号通貨不正送金事件とも言えるコインチェック事件を知らない人はいないでしょう。

推定560億円にものぼるNEMがハッキングを受け不正に送金され外部に流失してしまいました。

コインチェックは対応に大わらわですがはたして犯人は特定されるのでしょうか?また流出したNEMは戻ってくるのでしょうか?

この事件は謎が多いですが一部では北朝鮮のハッカーの仕業ではないかという見方が有力になっています。

2/6のロイターの記事によると

>韓国の国家情報院は国会の情報委員会で、日本の仮想通貨取引所コインチェックから約580億円の仮想通貨が流出した問題について、北朝鮮のハッカーが関与した可能性があるとの見方を示した。

国家情報院は北朝鮮が関与したことを示す証拠は提示しなかったという。

実はNEMの流出事件を聞いたときに同じことを考えました。

北朝鮮のサイバー攻撃に耐え兼ねて韓国が取引所を閉鎖するのか国中で議論しているときだったので、タイミング的にはかなり信憑性はあると思います。

このコラムでも次はよその国の取引所が狙われるかもしれないと書いたばかりでした。

ただ今のところ北朝鮮の犯行という確定的な証拠はないようです。

そうしているうちに実はコインチェックからLISKも同じように不正送金されていたとのニュースも出てきました。

※LISKは暗号通貨の名前です。

NEM流出直後大量のLISKも移動 憶測を呼ぶ

ダイヤモンドオンラインの記事から

1月26日の12時16分に3LSK、35分に1LSK、37分には100LSK――。これは、ある特定のアドレス(仮想通貨の保管場所)に送金された仮想通貨「リスク」の取引記録だ。送り主はなんと、コインチェックのメインウォレットだ。

アドレスの持ち主は匿名化されているため、特定することはできない。だが、「あまりに不自然な送金で、事情を知っていた人物が行ったものではないか」(事情に詳しい関係者)と勘ぐられても仕方がないだろう。

少し拡大した画像ですがコインチェックとLISKの文字が見えると思います。

NEMの不正送金の流出の直後だけにこの大量のLISKの資金移動は不可解でマウントゴックス事件のような取引所ぐるみのスキャンダルかと思わせました。

しかし事実は違っていたようです。

このようにアドレスが正式にCoincheckに変わっています。

ということはこの送金はコインチェックからコインチェックのウォレット宛に送られたものであるということがいえます。

(指摘を受けたので数字の匿名アドレスからはっきりとした名前に変えたのだと思います)

この資金移動の詳細はサイバー攻撃を受けていることに気づいたコインチェック側があわててLISKを安全なウォレットに移し替えたというのが真相のようです。

それにしても500億を超える資金流出自体が大変なことなのでいろいろな話題が続けて出てきます。

現在のところ不正流出したNEMには、web上で確認できるようにそのトークンに流失したものだというマーカーがつけられているようです。

流出したNEMはすでに一部が交換済みか

最近の情報によるとすでに500億を超えるNEMの一部は交換されている可能性が高いようです。

日経新聞のサイトより

流出に関与した人物は、流出直後からNEMを無関係の人を含む400件超の口座に送り付けた。NEMを分散させて追跡を困難にする狙いとみられる。

2月7日ごろには匿名性の高い闇サイト「ダークウェブ」でNEMと別の仮想通貨の交換を呼びかけるサイトを開設。既に90億円近いNEMをビットコインなどと交換した疑いがある。

このような状況でどれくらい追跡が可能なのか微妙なところですね。

しかし一部は交換に成功しているといってもまだ数百億分のNEM

を所有しているはずで、そのうちもっと違った種類のコンタクトがハッカーと捜査側の両方から試みられる可能性があります。

そのうち犯人が残りのNEMも交換しようと欲を出して囮捜査に乗って正体をあらわしてくれればいいのですが、ひょっとしたらハッカー自身は国境の向こう側の安全な場所に身を隠しているかもしれません。

韓国で頻発するハッキング事件が他人事でないというのを思い知らされたような出来事でした。

まとめ

★NEMの流出には北朝鮮の関与が疑われるものの決定的な証拠はない。

★すでにかなりのNEMがばらまかれ追跡が困難になっている。犯人は100億円近くを既に交換か。この後の捜査の進展が待たれる。

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です