下落相場は終わった?クラーケンCEO「暗号通貨は2018年に106兆円へ上昇」

こんにちは、阿部です。

 

2017年、暗号通貨市場は拡大の1年でした。

ですが、2018年に入ってからは値下がり基調となり、

パッとしない相場となっていますね。

 

ただ、ここにきて

ふたたび明るい兆しが見えてきました。

 

というのも、

2018年2月初旬から20日までの2週間で、

時価総額10位以内の暗号通貨は平均して約1.5倍に上昇。

 

また、取引所クラーケンのCEOは

暗号通貨市場が2018年中に1兆ドル(約106兆円)に達すると予測しました。

 

では投資家として、

このような動きをどうとらえればよいのでしょうか?

 

暗号通貨市場、値上がりへ向かう

 

最近の暗号通貨市場はどのような推移を見せているのでしょうか?

下記は、時価総額1位の暗号通貨ビットコインのチャートです。

 

2018年2月5日、1BTC/約70万円あたりから上昇に向かい始めると、

2月20日に約120万円と、1.5倍以上の値上がりとなりました。

 

そして、このような堅調な値動きはビットコインのみではなく、

主要なアルトコインにも共通して見られます。

下記は、時価総額10位以内の暗号通貨を

独自の計算方法で組み込んだSynCryp MidCapのチャートです。

 

ビットコインとまったく同じ時期である2月5日から上昇へ向かい、

2月20日までに300ドルから450ドルに値上がりしました。

こちらも、1.5倍以上の上昇となっています。

 

取引所Kraken(クラーケン)のCEO「2018年中に1兆ドル」

 

上述のように、ようやく調子を取り戻し始めた暗号通貨市場。

チャートが右肩上がりとなっているだけではなく、

業界の著名人も今後の値上がりを予測しています。

 

世界的な取引所「クラーケン」のCEOであるJesse Powell氏は、

2018年中に暗号通貨市場全体の時価総額が

1兆ドル(約106兆円)に達するとの予測を明らかにしました。

 

現在の暗号通貨市場全体の時価総額は0.5兆ドル(約50兆円)ですので、

1年以内に2倍以上となる」と予測していることになりますね。

 

さて、Jesse Powell氏のこの予想は妥当だといえるのでしょうか?

 

ぼく個人の見解では、

「予測されている1兆ドルを大きく上回る可能性もある」と考えています。

 

なぜなら、多くのコインで好材料が用意されており、

1兆ドルどころではないと考えるのが妥当だからです。

(もちろん、国の規制など不確定要素も多いため、

チェックを続ける必要があります)

 

Krakenってどんな取引所?

 

クラーケンは、アメリカに本社がありながら

日本語に対応しているという、めずらしい取引所です。

利用価値も高いので、

最後に軽く取引所のご紹介をさせていただきたいと思います。

 

  • Kraken(クラーケン)
  • 所在地:アメリカ、サンフランシスコ
  • 設立:2011年
  • 特徴:日本語対応&日本円対応
  • 資本金:500万ドル

 

海外の取引所は取り扱い通貨の数が多く、

本当に信頼できるコインなの?」と迷ってしまいませんか?

 

しかしクラーケンは、「安心できる暗号通貨しか取り扱わない

というポリシーを持っていることで知られています。

前述したクラーケンCEOのJesse Powell氏は、

詐欺や信頼のおけない暗号通貨を排除することを徹底しているため、

クラーケンで買えるものは「ほぼ間違いなく安全である」としています。

 

海外取引所の初心者は、まずはクラーケンに登録してみるのもオススメですね。

 

クラーケンの公式サイトはこちら

 

今回は、クラーケンのCEOの価格予想を

個人的な見解を交えながらご紹介しました。

今後の投資判断のお役に立てていただければ幸いです!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です