安全で便利な分散型取引所を形成!既存取引所の弱点を補う「KyberNetwork(KNC)」

こんにちは、阿部です。

 

 

「KyberNetwork(KNC)」が好調ですね。

 

プラットフォームのベータ版が公開されたことで

大きな伸びを見せました。

 

このテストは4月まで行われる予定で、

その後正式版がリリースされれば

価格はまた上昇していくでしょう。

 

 

さらに、最近話題になっている

「分散型取引所」プロジェクトの

1つでもありますから

非常に注目されています。

 

先日もBINANCEが

BinanceChainの開発や

分散型への移行を発表しており、

2018年のトレンドになるのは間違いありません。

 

では、そのKNCとは一体どういうものなのか?

詳しくお話していきますね。

 

 

2つの機能で取引が簡単に!

 

 

KNCには大きく2つの機能があります。

 

1つ目は「分散型取引所(DEX)」

 

CoincheckやbitFlyerのような

中央管理型の取引所とは違い、

管理者を持たないことが特徴です。

 

中央管理型の取引所は、

一箇所に多種多量の通貨が集まっており、

取引はしやすい状態でした。

 

ですが、狙う側としては

これ以上オイシイ獲物はいません。

実際、コインチェックをはじめ、

盗難事件が相次いでいますよね?

 

つまり、取引所を利用することは

自分の資産が奪われてしまう

というリスクと常に隣り合わせなのです。

 

だからと言って、

安全のために保有している通貨を

ウォレットに移した場合、

 

ウォレットにあるコインを取引所に送る

⇒売買する

⇒手に入れたコインをウォレットに戻す

 

という手間が有りました。

 

頻繁にトレードする人にとっては

ちょっと面倒くさいですよね。

 

 

これらの問題を分散型取引所は

解決しようとしています。

 

分散型取引所は管理者を持たず

自分のウォレットに取引機能をつけたイメージです。

 

個人間で鍵をつけた状態で

取引できるようになるので

ハッキングなどの心配はなくなります。

 

ウォレットにある状態から

そのまま取引できるので、

「出して戻して」という手間も

一切なくなりますし、

 

また、取引所にアクセスが

集中することもないので

サーバーダウンなどの

心配もなくなります。

 

中央型だと「相場が乱れてチャンス!」

というときに限って接続できないとかありますからね。

 

もう1つの機能は

「決済API(Application Programming Interface)」

というものです。

 

これはICOに参加する際、

Ethereum以外の通貨でも

支払いできる機能です。

 

従来だとイーサリアム系の

ICOに参加する場合

一旦手持ちの通貨を

ETHに換える必要がありました。

 

なので、その度に

両替の手数料や手間が発生し

ICOに参加しづらい

という問題がありました。

(特に初心者の方ですね)

 

それが決済APIを用いると

自動的に換金してくれるので、

効率がぐっと良くなります。

 

ICOを行う事業者にとっても、

これによって参加者が増えてくれれば

資金が集まりやすくなりますね。

 

 

他のDEX系から勝ち抜けるかが今後の課題

 

 

DEX系の通貨は

いくつかあるのですが、

使い勝手の良さと簡便性に関しては

KNCが優位に立っていると言えます。

 

また、開発アドバイザーに

イーサリアムの創設者である

Vitalik Buterin氏がいることもポイントです。

 

とはいえ、

今後DEX系が注目されていくにつれて

競争も激化していくでしょう。

 

他のDEXとどう差別化していくか?

どのようにシェアを拡大していくか?

といったところが焦点です。 

 

 

将来性は非常に高いプロジェクトですから、

今後も注目しておきましょう。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す