ビットコイン最新技術ライトニングネットワークで支払えるお店が登場!

こんにちは、阿部です。

古典的な通貨であるビットコインよりも、イーサリアムなどが評価されがちな昨今の暗号通貨業界。

しかし、ビットコインも決して負けてはいません!

ビットコインの最新技術であり、普及の鍵ともいわれている「ライトニングネットワーク」という新しい決済方法があります。

そしてこのたび、アメリカのシリコンバレーにライトニングネットワークでコーヒーを買うことができるショップが誕生したとのことです。

ライトニングネットワークを導入した世界初の店舗ではないかと言われています。

ライトニングネットワークでコーヒーが買える?

ビットコインは多くの暗号通貨とくらべると、「送金速度が遅い」「手数料が高い」といわれています。

ビットコインは、世界初の暗号通貨であり高い信頼性を誇っていますが、こうしたデメリットに目が向けられ、実際のお店(店舗)での決済がいまいち加速していません。

そうした状況を克服すると、いわれているのがライトニングネットワークという技術です。

まだ実用段階とはいえませんが、すでにアメリカのシリコンバレーにて同技術を使ってコーヒーを買えるお店が登場しているのですね。

ライトニングネットワークが広く普及すれば、

  • 少額決済(マイクロペイメント)が可能となる
  • 送金スピードが早くなり、即時で送金できるようになる
  • 通常のビットコイン送金では必ず発生する「手数料」が無料となる

などのメリットがあります。

決して小さなメリットとはいえません

ビットコインが広く普及するためには高い手数料、遅い送金スピードなどを改善していく必要があります。

これらはライトニングネットワークですべて同時に解決が可能となるのです。

ビットコイン VS ビットコインキャッシュ どちら勝つ?

ビットコインとビットコインキャッシュのどちらが最終的に普及するのか?どちらを購入すべきなのか?こうした疑問をお持ちの方は多いのではないでしょうか?ライトニングネットワークは、ビットコインキャッシュのメリット

  • 送金スピードが速い
  • 送金手数料が安い

一部が重なっています

投資家のみならず、暗号通貨決済を導入する店舗にとっても、「ライトニングネットワークを実装したビットコイン」と「もともと手数料と送金スピードに優れるビットコインキャッシュ」のどちらを選択するべきなのかは悩ましいところです。

もちろん、それぞれの通貨がまったく同じ特徴というわけではありません。

それぞれに異なったメリットとデメリットが存在しています。

ですので、それらをまとめてみたいと思います!

ライトニングネットワークのメリットとデメリット

ライトニングネットワークのメリットは、従来のビットコインのデメリットをキレイに克服しているという点にあります。

つまり上述の

  • 少額決済(マイクロペイメント)が可能となる
  • 送金スピードが早くなり、即時で送金できるようになる
  • 通常のビットコイン送金では必ず発生する「手数料」が無料となる

という点ですね。

これは「圧倒的」なまでのメリットとなりますが、一方、デメリットもあります。

それは、

  • ライトニングネットワークの容量は限られている。少額決済には向くが、多額の決済にはあまり向かない
  • ライトニングネットワークは「ノード」の提供者が必要となる。しかし提供者にとって、ノードを提供するメリットがあまりない。一方ライトニングネットワーク利用者にはメリットが多いため、少数のノードに取引が集中してしまう可能性がある(中央集権化)
  • 総合的に見ると、ライトニングネットワークは、従来のビットコイン送金方式よりもセキュリティに劣ると考えられる

という点です。

ビットコインキャッシュのメリットとデメリット

一方のビットコインキャッシュにはどのような特徴があるでしょうか?ビットコインキャッシュは、従来のビットコインの送金方式よりも

  • 送金スピードが速い
  • 送金手数料が安い

というメリットがあります。

一方、こうした特徴はライトニングネットワークには劣ります。(ライトニングネットワークは「即時送金」かつ「手数料無料」)

厳密には異なりますが、ビットコインキャッシュは「従来のビットコイン」と「ライトニングネットワーク」の中間にあるようなイメージかもしれません。

ビットコインとビットコインキャッシュはどっちが優秀?

結論として、ライトニングネットワークはビットコインキャッシュよりも優秀なのでしょうか?月並みな結論となってしまいますが…。

これは一長一短です。

それぞれにメリットとデメリットが異なる点にあるので、使い分けられていく可能性もあります

これらの通貨に将来性を感じている投資家としては「2つの通貨の双方に投資する」ということが考えられますね。

今回は、ライトニングネットワークを利用した世界初のカフェ登場というニュースから、個人的な考察をご紹介しました。

ご興味のある方は、ぜひ参考にしてみてください!


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す