「ライトニングネットワーク」はビットコインの値上がり要因となるか?

 

 

こんにちは、阿部です。

 

最近、ビットコインを飛躍的に進化させるとして

ライトニングネットワーク」が注目されてきています。

 

ライトニングネットワークは、

ビットコインの送金を早く、送金手数料は安く、

しかもごく少額から送金できるようにする仕組みです。

 

これからのビットコインを考える上で知らないわけにはいかない…

そんな旬なキーワードとなっています。

もちろんビットコイン価格に直結する問題なので、

投資家としても目を離すわけにはいかないところ。

 

この記事では「ライトニングネットワークってこんなに凄い!

ということを基礎から分かりやすくご紹介します。

 

ビットコインのあらゆる問題が解決可能?

 

ライトニングネットワークは、

ビットコインの活用シーンに大きな変化を生むことになる

ライトニングネットワークは最近、

このような高い評価を受けることが多くなりました。

 

しかし、それはいったいなぜなのでしょうか?

 

ビットコインがブロックチェーン上で稼働している

ことはご存じだと思います。

しかし、ブロックチェーンを使った送金は

「手数料」「送金スピード」の面で実はデメリットが大きいのです。

 

そこでブロックチェーンとは別のネットワーク(ライトニングネットワーク)

を構築して、ブロックチェーンを通さずに直接的に送金してしまおう

というのがライトニングネットワークの基本的なシステムとなります。

 

【通常】 Aさん→ブロックチェーン→Bさん

【ライトニング】 Aさん→ライトニングネットワーク→Bさん

 

ごく少額の送金が可能になる

 

ライトニングネットワークを使えば、

マイクロペイメント(ごく少額の送金)ができるようになります。

 

通常の方法でごく少額のビットコインを送金すると、

手数料が送金額を上回ってしまい、ロスが大きくなってしまいます。

(銀行振込でいえば、100円を送金するために

200円の振込手数料が発生するようなものです)

 

しかし、ライトニングネットワークを使った送金では

手数料が非常に安いため、ごく少額の送金も問題なく可能なのです。

これがライトニングネットワークが画期的といわれる理由です。

 

手数料が格安になるメリット

 

マイクロペイメントができるようになること(=手数料が安くなること)は

上述のように暗号通貨業界に大きな変化を与えます。

 

暗号通貨決済が今ひとつ普及しない理由の1つとして、

手数料の発生が挙げられるからです。

ほぼ無料で送金できるとなれば、あらゆる分野、業界で

ビットコイン決済を導入するだけの理由が出てくるでしょう。

 

ライトニングネットワークの送金スピード

 

ライトニングネットワークは

ブロックチェーンが持つ送金スピードに影響されないため、

送金スピードを格段に向上させることができます。

 

ライトニングネットワークを使わない送金では、

(ブロック承認1回としても)10分の時間が必要(ビットコインの場合)。

 

しかし、ライトニングネットワークを使えば、

ほぼ即時(1秒以下)でビットコインを送れるようになります。

実際の店舗で導入された場合、

格段に利便性が向上することは説明するまでもないでしょう。

 

ビットコイン決済が大きく普及するきっかけに

 

僕がライトニングネットワークに注目しているのは、

ビットコインが1つのお金として広く普及するキッカケとなるからです。

今後のさらなるビットコイン価格の上昇のためには、

投資目的ではなく、決済や利用のために(まさに「お金」として)

使われることが欠かせないと考えています。

 

逆にいえば、お金として使われるようにさえなれば、

その価格の上昇は保証されたも同然でしょう。

今後も引き続き、ビットコインの運命を大きく左右する

ライトニングネットワーク」に注目していきましょう。

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す