LMAX EXCHANGEが機関投資家「専用」取引所を開始!

 

こんにちは、阿部です。

 

「暗号通貨市場は今後

値上がりしていくのか?」

こうした分析をするためには

どの部分をは見て、判断すればよいのか?

 

これは難しいことのようで、

実は意外とシンプルです。

 

キーワードとなるのはズバリ

機関投資家による大量の資本投入

 

イギリスの取引所LMAX EXCHANGEは、

機関投資家専用の取引サービス

をスタートさせます。

 

機関投資家による

暗号通貨市場への参入は、

着々と進んでいるんですね。

 

今回は、LMAX EXCHANGEとは

どんな取引所なのか、

LMAX EXCHANGEオープンが

なぜ暗号通貨市場への機関投資家参入の

きっかけとなるのか

 

ということについて

お話していきたいと思います!

 

LMAX EXCHANGEとは?

 

LMAX EXCHANGEは

イギリスの取引所で、

「英国金融行動監視機構」(FCA)

のライセンス下で運営されています。

 

日本には「仮想通貨交換業者」

というライセンス(登録)がありますが、

イギリスにもライセンス制度があるんですね。

 

昨今問題となっている

取引所のセキュリティや安全性、

内部体制、安全な資金の保管などに対して

徹底して取り組んできた姿勢が、

高い評価に繋がっています。

 

そしてLMAX EXCHANGEは

2018年5月21日、次の事業展開として

「機関投資家専用」の取引所をオープン予定

であることを明らかとしました。

 

僕たち個人投資家ではなく、

ファンドのトレーダーなど、

資本家から預かった資金を

運用する投資のプロ専用の取引所です。

 

LMAX EXCHANGEの取り扱い通貨は?

 

LMAX EXCHANGEの取り扱い通貨は

どのようになっているでしょうか?

 

発表によると、ひとまず流動性の高い

  • ビットコイン(BTC)
  • イーサリアム(ETH)
  • ライトコイン(LTC)
  • リップル(XRP)
  • ビットコインキャッシュ(BCH)

の5通貨に対応する予定とのことです。

 

これからの相場で重要となる「機関投資家」

 

ところで、これから

暗号通貨全体が値上がりするためには、

機関投資家」の参入が

きわめて効果的になってきます。

 

このことは、投資家の間でも

広く認識されており、

多くの暗号通貨トレーダーが

機関投資家の参入を待ち望んでいます。

 

機関投資家が暗号通貨に感じるリスクとは?

上記でも触れたように機関投資家は、

資本家から預かったお金を、

資本家の代わりに運用しています。

 

そのため、リスク管理を

徹底させることは

機関投資家の基本です。

 

そしてそのことは、

機関投資家の暗号通貨参入が

いまいち勢いに乗っていかない

原因となっています

 

機関投資家が感じているリスクは

暗号通貨の値下がりリスクや、

高いボラティリティ(価格変動率)

というよりは、

 

どちらかというと

取引所の信用性や、

多額の暗号通貨を「保管」する仕組みが

まだ整っていないことです。

 

ですが、こうしたリスクは今後

比較的短期間で解消されていくと

考えられています。

 

機関投資家の参入の予兆はすでに始まっている!

 

機関投資家にとってのリスクが

比較的短期間で解消されると

考えられるのは、

機関投資家向けのサービスが

充実してきているからです。

 

それとともに機関投資家のマネーが

暗号通貨全体に流れ込んでくる

と予測されています。

 

その第一弾として注目されているのが、

上記でご紹介した

イギリスのLMAX EXCHANGEというわけです。

 

機関投資家の動向チェックは今後必須となる

 

LMAX EXCHANGEは、

こうした機関投資家のニーズを

上手く汲み取って、

「安全性」を最重視したサービス

提供することを目指しています。

 

こうしたサービスが増えてくると、

大口投資家が一気に増加してくる可能性があります。

 

そもそも前提として、

機関投資家の一定数は暗号通貨市場に

参入したいと考えているはずなのです。

興味を持っている投資家は多いでしょう。

 

今回は、LMAX EXCHANGEが

機関投資家専用の取引所を

オープンすることについて、

個人的見解を交えながら解説してきました。

 

LMAX EXCHANGEの最大の特徴は

  • 英国金融行動監視機構(FCA)の監視下にあるということ
  • 安全性・コンプライアンス・暗号通貨の保管・資金洗浄対策の徹底
  • 機関投資家専用の取引所をオープンさせること

の3つにまとめられるでしょう。

 

どれだけの機関投資家を

呼び込むことができるのか、

ぜひ注目していきたいですね!

 


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

Twitterで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です