急成長中のフィリピンで誕生!ポイントをスマホで一括管理できる「LoyalCoin(LYL)」

こんにちは、阿部です。

電動自転車の専門店である「50Cycles」が漕いで暗号通貨のマイニングが、できる自転車『TOBA』を発表しました。

自転車に乗るだけで手軽にマイニングできる暗号通貨!この発表を受けてLoyalCoin(LYL)の価格も上昇しています。

ポイントやマイレージをスマホで一括管理!

LoyalCoinは、フィリピンの企業、Applosolutely社が開発を進めているプロジェクトです。

現在フィリピンは非常に経済が活発です。

平均年齢も24歳と若く労働力も高く国全体がとても活発です。

しかも、カガヤン経済特区では暗号通貨企業10社の事業をフィリピン政府が認可しており、強力なバックアップがあるなかで事業開発できることが大きな強みになっています。

LoyalCoinもそんな最注目のフィリピンで誕生した暗号通貨ということもあり話題を呼んでいるのです。

LoyalCoinが着目しているのは僕たちが普段から使っているポイントやマイレージです。

いろいろあるポイントをスマホで一括管理してもっと気軽に使えるようにしよう!というものです。

非常に生活に密着していますね。

今や多くの飲食店やスーパーなどでポイントカードが発行され、割引を受けたり、貯めたポイントを使って様々な特典がもらえるしくみがあります。

しかし、カードを忘れてしまえばポイントは加算されませんし、当然利用もできません。

すべてのカードを常に持ち歩くのも正直面倒ですよね。

こうした複数のポイントやマイレージをLYLトークンを利用することでスマホでまとめて管理できるようにしています。

今やスマホがあれば、電車もコンビニも利用できますからスマホでポイントも一括管理することができれば、非常に便利になりますよね。

ポイントカードをいちいち財布から取り出す手間も省けますし、紛失や盗難の危険もなくなります。

ブロックチェーンと結びつくため、取引速度が早く改ざんもできません。

キャッシュレス化をますます促進させる心強いプロジェクトと言えるでしょう。

すでにフィリピンではテストされている!

フィリピンのスターバックスやファミリーマートなど、すでに日本でも知られる企業を顧客に抱えているのも大きいです。

それに、冒頭で紹介した『TOBA』で、LoyalCoinの認知度もユーザーも増える可能性が高いですから、今後大きな伸びが期待できます。

急速成長まで見込める庶民的で実用性の高いプロジェクトです。


阿部 悠人
大学3年次の就活中に「アフリカでの中古車輸出」で成功した人の本を読み、触発され起業。その後、ECコマースやシステム開発を手がけ順調に事業拡大。2017年2月には知り合いから「HYPE」という日利2%の高利回り金融商品への投資を誘われ投資するものの1週間で投資金200万円をすべて失う。それを機に暗号通貨投資の世界を知り、3ヶ月で「億り人」となる。その手法をLINE@にて配信中!

仮想通貨トレードツール
無料プレゼント!

コメントを残す