「メインネット移行」はなぜ値上がり要因なのか?仕組みを解説

 

こんにちは、阿部です。

 

・EOS

・TRON

最近のこれらのコインに

共通しているのは

メインネット」への移行です。

 

メインネットへの移行は

多くの投資家に「好材料

であると見なされています。

 

つまり、メインネットへの移行が

これからの値上がり

を期待させるのです。

 

しかし、そもそも

なぜメインネットへの移行は

価格上昇の期待感を大きくするのか?

その仕組みとは

どのようなものなのでしょうか?

 

ここ1ヶ月ほどで

注目度が上がってきている

メインネット」について

個人的な見解をご紹介します。

 

メインネット移行とは?

 

メインネット移行とは

一言でいえば

独自ブロックチェーンへの移行

のことです。

 

暗号通貨の多くは

ブロックチェーン上で

動いていますよね。

 

基本的には、

1つの暗号通貨

1つのブロックチェーン

持っていることになります。

 

しかし、一部の

「プラットフォーム系」と呼ばれる

暗号通貨の上に発行された

「トークン」の場合、

独自ブロックチェーンではなく、

親となる暗号通貨の

ブロックチェーンを借りることで

稼働しています

 

たとえばイーサリアムは

親となる暗号通貨の

もっとも代表的な例となります。

 

そして、

TRON

EOS

といったトークンは、以前まで

親となるイーサリアムの

ブロックチェーン上に

発行されていました。

 

しかし、

イーサリアムからの脱却も可能です。

独自ブロックチェーンを立ち上げ、

「独立」するのです。

 

これが「メインネットへの移行」です。

 

メインネットへの移行はなぜ上昇要因なのか?

 

メインネットへの移行は

一般的に「値上がり要因

とされています。

 

たとえばTRONは

メインネットへの移行で

1日10%以上も

値上がりするシーン

見られました。

 

それはなぜでしょうか?

 

それは

メインネット移行が

目的を達成するために必須

からです。

 

また、下記のような理由もあります。

詳しくみていきましょう。

 

メインネットへの移行で投資家は「暗号通貨」を手に入れられる

メインネットへ移行することで

値上がりしやすくなる理由の1つは、

「暗号通貨」が入手できるからです。

 

たしかにメインネットへ

移行する以前においても

投資家は「トークン」を

手に入れています。

 

しかし、メインネットへの

移行が前提となっている場合、

そのトークンは

役に立たないことが

多いのです。

 

たとえばTRONは、

2018年6月21日~25日に

メインネットへの移行を

完了させる予定です。

 

そしてその日を境として

これまで保有していた

メインネット移行前の

TRONは使えなくなります

 

そして、代わりに

TRON独自のブロックチェーン

で発行された「暗号通貨」を

手に入れることになります。

 

つまり次のようなことが言えるでしょう。

  1. メインネットに移行が予定されている「トークン」は、メインネット移行後の「暗号通貨」に代えてこそ意味がある
  2. 多くの投資家は、メインネット移行後の「暗号通貨」を手に入れたいと思っているので、無事にメインネットへの予定が進んでいくにしたがって、期待感が大きくなる

 

これが値上がりに繋がります。

 

メインネットへの移行で「スキャム」の可能性が減少する

もともとメインネットへの

移行が予定されている

プロジェクトの場合では、

メインネットへの移行が実現して、

はじめてプロジェクトが

進んでいることになります。

 

最近では、

ICO関連のスキャム(詐欺)

問題になっていますよね。

 

メインネットへ移行しなければ

目的を達成できないような

プロジェクトの場合では、

メインネットへの移行が進まない

=スキャムの可能性

(もしくはプロジェクト進行に手こずっている

ということを意味しています。

 

そうではないということを

証明する1つの材料として、

メインネット移行があるわけです。

 

そのため、

値上がりに繋がるのは

自然なことであるといえますね。

 

メインネット移行で通貨のスペックもUP

 

メインネット移行を

予定しているプロジェクトは、

メインネットへの移行でしか

達成できないような目的

があることが多いでしょう。

 

たとえばEOSでは、

  • 送金手数料を無料化
  • イーサリアムよりも高い処理速度にする

などの構想があり、

これらはイーサリアムの

システムを脱却してこそ

実現が可能となります。

 

メインネット移行をひかえた

トークンをお持ちの方は、

ぜひこれらを意識してみてください!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です