BTC下落中!―Mati氏「ビットコインは今、流動性の真空状態」

 

こんにちは、阿部です。

 

2018年6月14日現在、

ビットコイン価格の下落が

加速してきています。

以下、過去1ヶ月間のチャートです。

 

2018年6月10日 1BTC/80万円前半

2018年6月11日 1BTC/70万円前半

2018年6月14日 1BTC/60万円後半

 

ビットコインを保有する

投資家としてはこの状況を

どのように考えればよいのか。

また、なぜビットコイン価格は

下落してきているのか

 

こうした疑問について、

個人的な分析を

ご紹介していきたいと思います。

 

アナリストのMati Greenspan氏は、

ビットコインの出来高が減少し

「真空状態」であると指摘しています。

 

こうした出来高の減少や、

テクニカル的に見られる下落トレンド

値下がりを加速させていると

見られています。

 

詳しくみていきましょう。

 

ビットコインの近状①出来高の減少

 

アナリストのMati Greenspan氏は

最近のビットコイン相場について

以下のように発言しています。

「BTCは今、『流動性の真空状態」にいる。全ての取引所における毎日のBTC取引量が50億ドルを越さず、2017年11月以来の最低水準になっている。取引アクティビティが低いため、少しの市場衝撃さえ価格を劇的に変動させられる。」

 

僕もこうした状況が

ビットコイン価格を不安定にする

1つの要因であると考えています。

 

ビットコインの価格は

ここ1年間で以下のように推移。

チャートがもっとも高い

位置を示すのは2018年1月頃です。

 

注目すべきなのは、

24時間取引ボリューム(画像下部)

相場のピークとともに

出来高も減少してきています

 

ビットコインの価格は

「世界中の人々が決めている」

といわれていますが、

実際には「売買している人」が影響しています。

 

実際に売買されなければ、どれだけ念じても

ビットコイン価格には影響しません。

 

出来高の減少は、つまり

数少ない「売買する人」

のみがビットコイン相場に

影響できるようになっている

ことを意味しています。

 

価格変動が生じやすくなっている

ということが

お分かりいただけるでしょうか?

 

サポートラインは機能している

とはいえ、

ビットコイン相場が大混乱

しているのかといえば

そうでもありません。

 

確かに下図

(過去1ヶ月間チャート)を見てみると、

ひどいありさまのようにも

感じられます。

 

しかし、過去1年間の

チャートを見てみると

主要な底値を結んだ

サポートラインが機能している

ことがわかりますよね。

 

相場の「大崩れ」では

こうしたサポートラインは機能せず、

一気に割り込んでいきます。

 

したがって現在は、

市場はまだ比較的、冷静であるといえます。

(ただし、今後

サポートラインを割り込むことがあれば

さらなる下落の可能性も)

 

ビットコインの近状②いくつかのネガティブ要因

 

もちろん、

出来高の減少だけで

暗号通貨価格が下落する

わけではありません。

 

やはりそこには、

暗号通貨市場への

ネガティブな要因があります。

 

いくつかを挙げるとすれば

  • マウントゴックスによる大量の売り圧力
  • 立て続けに発生する、暗号通貨へのハッキング
  • 各国による、暗号通貨業界への「規制」強化

などが一般的な理由。

 

しかし、暗号通貨には

大量のコインを保有する「クジラ」

の存在もありますので、

すべてに理由を求めることは

ナンセンスでしょう。

 

出来高の少ない状態で

「クジラ」が気まぐれに売れば

それだけで下落要因となります。

 

ある程度は成り行きに任せて、

どっしりと構えるマインド

精神衛生上もいいと思いますよ!

 

今回は、ビットコイン相場の

近状についてご紹介しました。

 

Mati Greenspan氏のいうように

市場が敏感な値動きになっています。

 

(「真空状態」といえるほどの

出来高かどうかは分かりませんが)

値動きが敏感であるという前提で、

僕たちも動いていきましょう。

 

今回は、以上となります!

 

阿部 悠人
あべゆうと

1992年生まれ、青森県弘前市出身。

大学3年生の就職活動真っ只中、たまたま手に取った1冊の書籍をきっかけにアフリカでの「中古車輸出ビジネス」で起業。資金面・ノウハウ面で躓き、1台も仕入れることなく断念。その後、インターネットを活用した物販ビジネスに目を付け軌道にのる。
 その手法を元に、物販ビジネスの学校を立ち上げたところ全国から受講生が集まり、それを機に教育事業をスタートさせる。2016年6月には自身初の書籍を出版し、累計1万部突破。2017年には「物販」、「WEB集客」、「暗号通貨投資」と3冊出版。

LINEで阿部悠人と友達になる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です